teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


鎌鼬一族襲来イベント詳細

 投稿者:セティ/管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時28分53秒
返信・引用
  …今、城にいる全員の者にこの会議室に集まってもらったのは他でもない。
……特定した。今夜、この城は反魔王組織の鎌鼬の一族に襲撃される…。

俺が調べられる範囲で奴等のことを調べた。


=鎌鼬一族について=

鎌鼬の一族はいわゆる〝力が全て〟、〝絶対王政〟といった治安で成り立っている。
そしてそのような考えを持つ上層部の者たちにしてみれば、魔力を失った魔王の傘下にいるのは嫌で嫌でたまらない。
一族の中には一部、魔王に魔力が有ろうと無かろうと関係ない、お仕えを続けても構わない、という者達もいるのだが、上層部は治安の為にそんな者たちの声は無視して魔王に反旗を翻した。
正式に反魔王軍団に入団しているわけではなく、あくまで独立組織。
小党隊長とその他の四名以外は皆、生粋の鎌鼬の姿をしている。
何ら一般の鼬と変わらないような姿なのだが、大きさは大きい者で2mあり、瞳は禍々しい真紅に煌き、たいていが背中に鎌を背負い、それを直接的な武器、また媒体として鎌鼬を放つ。
生まれつき特殊で、自分の血液などを刃に変えて放つもの、体内から鎌を出せるもの、と能力の基本は同じだが形にはいろいろある、いわゆるそれらが小党の隊長たち。
隊長以外の一体一体は我々の敵では無い雑魚だが、小党の隊長たちは中々強い。


…ということだ。奴等は夜目が利き、素早く攻撃力も高い。
攻撃を回避し続けるのは困難だろう、だが相手の胴体は案外容易に切り裂けるものである。
一度捉えれば、運がよければそれだけでカタがつくだろう。


***************************************************
※これから書いてある敵の情報はあくまで参加者様一同の本体様に向けた情報であり、息子様方、娘様方は下記の情報を知らない設定でお願いします。
  また、適当に闘っていたらごちゃごちゃになるし中々イベントが終わらないので、セティが代表して「○○と△△はミカゼの相手を」、等の指示を出しますのでそれにしたがってくださいませ;


主力なる敵

ミカゼ-第一小党隊長
・見た目14歳、実年齢140歳。♂。
・まだ幼く争いが嫌いなのだが非凡な戦いの才を持ち、妹の為や上層部からの弾圧もあり、仕方なく一党を率いて魔王を討つ為に出陣。
・腕や背中や脚など、到る所の皮膚の下には鎌状の刃があり、見た目ではまったく分からない。
・重い病を患う妹の為に戦場で金を稼いでいる。今回の城に攻め込むという仕事も、命の保証が無いのでやりたくないのだが収入を途絶えさせるわけにはいかないので参加。

ラゼキ-第二小党隊長
・見た目17歳、実年齢200歳。♂。
・争いごとが大好きで、相当面倒なこと以外ならば首をつっこむ。魔力を無くしたロイを自分の快楽の為にこの手で殺したいと思っている。
・身の丈を軽々越え、しかもとてつもなく重い大鎌を好んで使用、一族一番の腕。
・生に対する執着とロイに対する殺害願望は群を抜いているものがある。

レッカ-第三小党隊長
・見た目18歳、実年齢280歳。♀。
・闘いに興味があまり無いが特殊な能力を持っている故に隊長に選抜された。
・一族の中でもレッカだけしか持っていない、血液や髪等、自分の体の一部を鎌状の刃に変える能力を持つ。
・特殊な能力は最近までは忌み嫌われ、雇われた今でも死にたがりは健在。正直闘う気はあまり無いが、生まれて始めての自分の能力を使えるときなので参加した。

ミツロ-ミカゼの妹
・見た目10歳、実年齢90歳。♀。
・昔から病床につき、兄と二人暮しな為に兄に頼らざるを得ず、もはや兄がいなければ何もできない。今も兄のおかげで擬人の姿を保っている。
・一族から見れば闘えもせずただ寝ているだけの厄介者、もしくは邪魔者。ミカゼを失いたくないがために生かしているだけのこと。


…以上の四体が主となりますが、基本的にストーリーの中心はミカゲかと思われます。

また、罵り合うための闘いでは無いので、無意味な口論等はお慎み下さい。
あと、戦闘は譲り合いの精神でいきましょう!避けて、避けられてばかりだとつまんないでしょう?

あともう一つ、この際明らかにしておきますが、力量においての役職は

全役職中で一番強い…【側近】

二番目…【近衛兵】

三番目…【傭兵】

四番目…【小姓】

五番目…【擁護全般】

となっております。
というか擁護全般の方は非戦闘員設定なので、傷を癒したりする魔力は有していても戦闘に魔力を使う事は出来ず、身体能力もそれほど高くないです。
なので、ロイと共に待機したり行動したりと、戦闘は行いません。

小姓の方も基本的に非戦闘員ですが、時と場合に応じては戦地に赴いていただきます。


…では長くなりましたが、読んでくださって感謝です!
イベントは今日の夜から開催致します。敵の役は私がやらせていただきますので。
私の都合で動いて申し訳ありません、御了承ください;

では、皆さんが少しでもお楽しみ頂けます様。

尚、イベントが終了したらこのレスは削除致しますのでノシ
 
 

擁護全般・Ⅲ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時27分10秒
返信・引用
  名前:シレーヌ・ローリングス
年齢:外見年齢20歳前後、実年齢100歳オーバー
性別:女
性格:冷静沈着で大人っぽい。羽目をはずしたりすることも無く常に落ち着いている。しばしばきつめの言動をとったりするものの本人に悪意はなく自分で気づいていないのが欠点。人当たりもよく物腰も穏やか、かつ世話好き。おとなしそうな印象をもたれるが実際のところそうでもなく、良くある怒らすと怖いタイプ。
容姿:ブロンドのウエーブヘアは胸の上くらいまでの長さ。瞳はすみれ色。髪は常に右耳のほうのみかけている。年齢に相応した大人っぽさをもっておりそれなりの凹凸のついた体型をしている。本来ならば下半身は鳥であるのだが仕えて以来人型を維持している。動きやすさは後にして、白のワンピース姿。裸足でいたいらしいが黒のハイヒールを履いている。
種族:セイレーン
忠誠証明:命を救われたあの日から私は貴方の手となり足となりましょう。皆とともに、尽くしましょう。
(深々と頭を下げて相手に跪き。頭を上げれば口元ゆるりと弧を描き。目元を細めて)
備考:城三大秀麗魔物のうちの一体となっているが、さほど本人とってはどうでも良いことらしい。他の魔物たちのスットパー係りをよくしている。誰にも劣らない魔性の歌声をもち、相手を惑わす。普通に歌うことも出来、歌うことは趣味。また海の怪物と謳われていることから、多少の水系統の能力はつかうことができる様子。昔、海の航路上の岩礁から歌い様々なものたちを惑わして命を奪っていたのだがある時ヘマをし逆に命をとられかけたところをロイによって救われる
 

擁護全般・Ⅱ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時26分10秒
返信・引用
  名前:ミリィ・コルト
年齢:16歳…に見えるが実のところ80歳。
性別:♀
性格:好奇心旺盛でどんな事にも興味を持ち、人を疑う事を知らない純粋な性格。そのため仲間からよく騙されたりするものの、すぐに「何か理由があるに違いない」とポジティブに考え許してしまうお人好し。同性には人懐っこくよく挨拶代わりに抱きついたりするが、異性にはどうも慣れることが出来ず接し方がぎこちなくなることも多々。
容姿:緩いウェーブがかかった金色の髪は肩ほどまであり、お気に入りの白い花の髪飾りを頭に付けるのが日課。瞳は淡い緑で目尻が少々垂れぎみなのがコンプレックス。髪飾りや瞳の色とは対照的な飾り気の無い黒のチューブトップを着ており、それを着る理由として飛びやすさを挙げているが、実の所少しでも大人の魅力を出したいからとのこと。手や足は真っ白な羽根で覆われているが少しの時間であれば人間の手足に変えることも可能。
種族:ハーピー
忠誠証明:あ…えーとね、私、皆のようにロイ様のお役に立てないかもしれないけど、精一杯頑張るからよろしくね…?
(何を言ったらいいのか分からず困ったように視線を下げていたが、ようやく言葉が纏まったのかやや緊張気味に相手を見据えると最後には柔らかく笑い、深く頭を垂れて)
備考:サキュバスやセイレーンが放つ大人の魅力に強い憧れをもっており、いつか自分もそうなりたいという気持ちから「~姉様」と呼んでいる。
元々ハーピーの群れで暮らしていたが、家族や仲間とはぐれ傷ついていた所をロイ様に助けてもらい、恩返しのため傷が癒えた今も仕えている。
 

擁護全般・Ⅰ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時24分48秒
返信・引用
  名前:アリス・クローズド
年齢:見た目は18歳くらい実年齢は不明
性別:女性
性格:普段は大人っぽく頼りがいがあるのだが所々抜けていて天然。抱きつき魔&キス魔でたらし
容姿:つやつやのオレンジ髪でゆる巻きロング&前髪ぱっつん。翠眼。胸がデカい。和服を気に入っていてよく着物を着ているが前が少しはだけている
種族:サキュバス
忠誠証明:私は我が主の命ならどんなことでもお聞きいたしますわ(スッと音もなく魔王様に近づき寄り添うようにぎゅっと抱きつき微笑んで見上げる
備考:自分の背より少し大きいくらいの鉄扇とお香が武器。いつも肌身離さず帯の内側に小さな小瓶をたくさん持っていて小瓶の中に入っている液体を一滴自分の手に出し、風を利用して相手に匂いを嗅がせ操ったり眠らせたりする。
魔王様に嫌いだった自分の髪色を気に入られお仕えすることになりそれと同時に自分の髪色を好きになった
 

傭兵・Ⅲ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時23分38秒
返信・引用
  名前:セリア・エレーナ
性別:女
年齢:見た目は14歳程度。実年齢は不明
性格:引っ込み思案で極度の恥ずかしがり屋&あがり症。味方が傷つけられた時には本当の力を出す。
容姿:長い黒髪をツインテールにしていて、瞳の色は青。黒いギリギリ膝上のワンピースに黒いフード付きのマントを羽織っている。身長は低め
忠誠証明:魔力があるとかないとか…関係ないです…。
私たちはみんなあなたの味方だから(真剣な眼差しで相手を見つめ)
種族:魔女
備考:魔王の魔力を取り戻すために試行錯誤中。
 

傭兵・Ⅱ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時22分36秒
返信・引用
  名前:ドロシー・ウィルム
年齢:不詳(見た目は16歳)
性別:女
性格:自分がすごいと思っている一面を持つ、典型的なツンデレ。自分の言いたいことを素直に相手に伝えられず、いつもツンとした態度を取ってしまう。
容姿:
[人間/普段]髪は金色で肩に着くくらい、前髪の長さも同じくらいで左右に分けている。目は碧色で大きい。身長は150くらい。服は丈の長い水色の長袖に黒いミニスカート、ニーハイにブーツを履いている。
[竜/戦闘中]人間の時の面影はなく、身長は城の半分くらいに大きくなる。目は碧色で、体は鋼鉄の様に堅い。背中からは翼が生えていて、前足は翼と同化している。尾は長く、結構邪魔に思っている。
種族:竜
忠誠証明:私は別に一人で良いけど…貴方がどーしてもって言うなら一緒に戦ってやるわよっ…貴方は…私が守ってあげる…。
(腕を組み横目で見ながらツンとした態度で言ったかと思えば何かを決意したように真剣な目つきになって)
備考:一人称は「私」二人称は「貴方」「名前」
竜になったときたまに炎を吐くが、体力を使うため本当に大変なときしか使わない。弱点は、唯一守ることのできない腹。
 

傭兵・Ⅰ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時21分19秒
返信・引用
  名前:ノア・アレル
年齢:12
性別:男
性格:幼いわりには力が強いが引き気味の性格。だが戦闘になると無謀にな事をするときもある。怒ると怖い。幼いながらもそれなりの武術などの教養は受けているので一応は賢い。目上の人にはきちんと敬語を使う。
容姿:青髪に黄色の瞳、身長は135㎝、着ている服には自分の家の紋章が入っている。トロルだからと言って身体が大きいわけではない。
種族:トロル
忠誠証明:あ、え、と…お父様とお母様から傭兵として仕えるようにと…い、言われてやって来ました…アレル家のノアと言います…よろしくお願いします。
(少しおどおどしながら緊張気味の声であいさつとして片膝をつけて頭を下げながらお辞儀をし)
備考:家は先祖の代から魔王に傭兵として仕えている。小さい体のわりに力が半端なく強く大人のトロルとも互角に戦えて、身体が小さいからか反射神経も良い。
 

小姓・Ⅰ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時19分51秒
返信・引用
  名前:レン
年齢:不明(見た目年齢は17歳)
性別:女
性格:好奇心が旺盛で、小さなことで一喜一憂する子供。但し、良く言えば無邪気な少女。恋愛経験がないため、異性のちょっとした行動で顔が紅くなったりする。集団にあまり交わらない大人しい性格で、自分の意志をはっきり伝えられず、よく他人の仕事も引き受けてしまう。考え事をしていると、よく右耳を触っている。
容姿:
【妖精時】腰の辺りまである金色に近い茶色。くりくりとした目の瞳はこげ茶色。チャイナ服(ズボン)の様な形をした服を着ており、全長は15cm程度。右耳に風をイメージさせるピアスと、右の薬指にピアスと同じ指輪をしている。どちらもお守り。
【人間時】基本的なこと(髪の色や長さ、瞳の色、装飾物など)は同じ。髪はハーフアップにして纏めている。身長は158cm。
種族:妖精
忠誠証明:
私たち妖精は、助けてもらった恩は忘れません。
(パタパタと治療したばかりの羽を動かし飛んでいて。その状態両手を胸にあて、跪き。恩は忘れないといったと同時に人間の姿となって)
恩が返せたと思える日まで、ロイ様、私は貴方に忠誠を誓います。
備考:一人称は「私」二人称は人によて様々。
風を司る妖精で、同じ仲間と全国を旅してきた。しかし、その旅の途中で羽に怪我を負ってしまい、仲間と逸れてしまう。途方にくれていたとき、ロイに会い、羽の治療をしてもらったことに恩を感じている。
戦闘向きではなく、基本雑用係り。そして戦闘時においても、戦場と拠点地を行ったり来たり
する伝令係り。風を司る妖精のため、風向きや天気の変化には敏感。妖精から人間、人間から妖精になるのは簡単だが、そのときにかなりの体力を使うため、必要なとき意外、変化はしない。
日常生活は、不自由のないように人間バージョン。
 

近衛兵・Ⅲ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時18分40秒
返信・引用
  名前:ハイネ
年齢:見た目は17歳程度。実年齢は誰にも明かしていない。
性別:女
性格:いつもにこにこ明るいテンション。だがそれは半分作られた自分。たまに何処か裏があるような表情を見せる。団体を嫌うため一人でいる多。いつの間にか現れればいつの間にかいなくなっている。かなりの気分屋で少し面倒くさがり。人狼にしては珍しいほど血や肉が大好きで、普段はそこまでではないが不意にそれらを見ると自分を見失ったように暴れ出す。戦闘が大好きでよく自分から突っ込んでいく。
容姿:ダークブラウンの髪は猫っ毛なためふわふわしていていつもツインテール。瞳の色は基本黄色っぽい。だが血や肉を見ると赤くなる。爪は何時も鋭く尖っている。服装は真っ黒なミニワンピ。腰には大きな赤いリボンが付いている。黒の二ーハイブーツで少しヒールがあるため、本当は156cmのところ160cmに見える。頭には茶色の狼の耳、腰には茶色くふさふさした尻尾。普通にしていれば分からないが笑うと鋭い八重歯が見える。
種族:人狼
忠誠証明:
ロイ様、ハイネは貴方様に救われた時から貴方様だけに忠誠を誓っております。これから先も、貴方様を尊敬し、貴方様だけに忠誠を誓いますよ?…これ、絶対っすから。
(相手の前に跪き、右手を左胸に持っていき服をぎゅっと握り顔を少し伏せればいつもとは違う口調で淡々と言葉を発し。最後に顔を上げ少し小首を傾げればにっといつもの笑みを見せ、いつもの口調に戻り)
備考:一人称は「ハイネ」。二人称は、皆さん付け。ロイのことはロイ様。基本少し可笑しな敬語で話すがたまにぽろりとタメ口になる。語尾がのびること多。ロイには心を開いているようだが他の仲間にはまだ開けていないよう。だが恰も信用してます的態度。珍しいほど血や肉が好きなため両親に不気味だと言われ捨てられ、一人死を考えていたところロイに拾われた。
 

近衛兵・Ⅱ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時17分3秒
返信・引用
  名前:ヴァンクール・D・インフェルノ[愛称:ヴァン]
年齢:不明、というか覚えてないが外見17歳
性別:男
性格:クーデレ気味な天然。束縛を嫌う自由人。口は悪いがやる時はやる子。常に態度や行動が慎重でなかなか心を許そうとしないが、一度心を許すとほとんど疑わない為に騙されやすく単純。魔王に対しては絶対的な忠誠を誓っている。頭は良くキレる方で、戦闘に置いての勘が鋭い。
容姿:正面から見ればつむじあたりが短く逆毛を立てている肩より長い位のウルフヘアだが、後ろから見るとロングに見える、バックだけが長い髪型。微かにあどけなさを残した顔付き。目は二重で血のような色。目付きが悪く不良っぽい。すらりと背が高く180cmを超えている。腰には名も無い黒い魔剣を2本差している。
種族:悪魔
忠誠証明:俺みたいなヤツ拾ってくれてありがとな、あんたの命令なら何だって聞いてやる(ロイの前に跪き、現在の体制に見合わない遠慮の無い口調で忠誠を誓って面を上げればニィッと無邪気に笑って)
備考:長いので周りからは『ヴァン』と呼ばれる。以前はある悪魔と行動しており、その悪魔と一緒に幾多の戦線を切り抜けて来たが全く関係ない部外者に突然殺されてしまい、狂乱状態になって暴れ回った挙句疲れ果てて倒れ、ロイに命を救われる。今でも戦友を殺した部外者を探しているらしい。
 

近衛兵・Ⅰ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時15分37秒
返信・引用
  名前:アマリリス
年齢:見た目は二十歳前後に見えるが、実年齢は不詳。
性別:女
性格:誰にでも穏やかで優しく、柔らかな物腰で話すが、魔王に楯突く者は即座に抹殺する。
それもなるべく惨いやり方で消そうとするから、度が悪い。
容姿:クリーム色のふわふわの髪で、長さはロング。真紅の瞳で身長160cm。黒で白いファー付きのロングコートに、中は白いワンピース、黒の厚底ブーツをはいている。十字架の付いた真紅のネックレスに真紅のピアスを付けている。
種族:堕天使
忠誠証明:ロイ様を思う心なら誰にも負けませんよ・・・?(ふわりと優しく微笑みながら、軽く一礼して)
…貴方様の代わりに楯突く者は抹殺いたします。(ゆっくりと顔を上げると薄く笑みを浮かべた口元に、瞳は深い闇の色で染まっていて、どこか背筋の凍るような視線をこちらに向けて)
備考:天使の頃は、クリーム色の髪、銀の瞳だったが、魔王を思うが故、墜ちた後は瞳は真紅にそまり、髪は名残として残ったまま。
一人称は「私」で、二人称は「貴方」ロイに対しては「ロイ様」、親しい者は「○○さん(名前)」で呼ぶ。
怒っているときや敵には「名前」で呼び捨てる。
 

側近・Ⅲ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時01分57秒
返信・引用
  名前:ヨミ・ヴァサーノ・ウォーカー(通称:詠)
年齢:見た目18歳、実年齢は200歳
性別:女
性格:普段、自由に過ごしているときは元気で明るく、笑顔が絶えない性格だがマイペースで大雑把、自由奔放。不器用な為甘え方が下手なので、極度の寂しがり屋。更に怖がりだがプライドが高い為強がりで隠している。悔しかったらすぐ涙が出てしまうが知られたくないので絶対に隠したりと、本当に負けず嫌い。過去のこともあり拾われてからは主と仲間と思った相手にしか心を開かず、主が臨むことなら、守るためならばなんでもする。戦闘が大好きで自分で好んで戦場に乱入したりする危なっかしいところもある。
容姿:黒髪のショートで猫毛に加え少し癖っ毛気味なのでところどころ小さなハネがあるが、髪質は柔らかくふわふわしている。目の色は髪と同じ漆黒だが、一度精神崩壊したこともあり輝きはあまり見られない。身長は18歳の平均身長よりやや低めの細身だが、猫のため筋肉は見られなくてもしっかりしているて、そのまま見れば普通の人間に見えるのだが怒ると爪が鋭く伸びる。頭からは黒い猫耳、腰からは黒くて少しふさふさした尻尾があり、尻尾の先には忠誠の証として真っ赤な紅のリボンと鈴が付いている。猫耳は普段は隠れており、そのときは人間の耳が出ている。耳には黒ガラスのピアスをつけているが、毛が黒なのであまり目立たず本人も隠している。灰色ハイネックの袖なしインナーに黒のエナメルホットパンツを合わせ黒タイツと長めの黒ブーツを履いて、肘まである黒手袋をつける。大きいフードがついたコートは寒いときに羽織る。
種族:化け猫
忠誠証明:
私はあのとき、魔王様が私を拾ってくれたときのことをいつまでも忘れない…あのとき私が生まれたといっても過言ではないんだ。だから私は貴方にずーっと、お供しますよ。(両手を背中の後ろに回し、恋人が手を繋ぐように組んで目を閉じると自分が拾われたときのことを思い浮かべて。うっすら涙も浮かべるがぶんぶんと首を振って、誓いの言葉を真剣な目つきで述べて)
備考:一人称は「私」、偶に「僕」。二人称は主のことを「ロイ様」、他の仲間を「君」、名前にさん、ちゃん、君を付けるなど気分次第。自分のことは名前が面倒なので「詠」と略して名乗る。過去に信じてた相手に裏切られたことがあり、それで命を落としかけるも拾われて現在にいたる。裏切られたときには一度精神崩壊、発狂してしまったが仲間と主のおかげで復活した。戦闘を重ねてきたため強さは見掛けによらない。結構魔力もあるが体術のほうが強いので使わない。そして攻撃力と素早さがある分防御力は他の仲間よりも低め。
 

側近・Ⅱ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)01時00分33秒
返信・引用
  名前/秀吉(ひでよし)
年齢/見た目は若く見えるが、年齢は不詳。魔王様に拾われた時からは、120年目が経っている。
性別/♂
性格/お堅く、照れると素直になれないところが有る。
男女関係無く、初対面の人には厳しいが
成果をあげたした時には、照れながらも優しい言葉をかけたりも。
ツンデレのわりには、何時でも魔王様の側をうろついているという心配性なところも有。
容姿/腰に届くぐらいの黒髪を、紫色の紐で後頭部の高い位置に一つにくくっている。前髪はライオンの鬣の様に後ろに流している。目はツンとしたつり目で目尻は赤く塗ってあり、眉もいつも怒っている様に吊っていて常に眉間にしわがよっている。瞳の色は紫色
服装は上が白に限りなく近い紫、袴は濃い紫という弓道着に似ている物を着用。背は高く、筋肉は程よくついている。
左腰には黒い日本刀と、銀色の鈴がついていて、太い紫色の縄が結んである。
種族/狛犬
忠義証明/殿。儂は、い、いつまでも殿の御側に居ります。…忠義を、お誓い致します(膝を床に付き相手を見上げながらそう言えば、うちに恥ずかしくなって来たのか俯く様に下を見れば、眉間に何時もより深くしわを寄せながら顔を薄く赤くして)
備考/目の色が不吉だという事で、色々な神社をたらい回しにされ、昔は至極酷い扱いを受けていた。
そんな時に魔王に拾われ、その優しさに一生の忠義を誓う。
魔王様の事は敬意を称して、「殿」と呼び、自分の事は「儂(わし)」と、他の仲間は「お前、貴様」と呼ぶ。
好きなものは、和菓子(特に最中)
嫌いなものは、洋菓子(特にケーキ)
 

側近・Ⅰ/管理人キャラ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)00時59分24秒
返信・引用
  名前:セティクロニカ=リオン・ブレイク [愛称・セティ]
年齢:見た目は24歳程、実年齢は20000を越える。
性別:♂
性格:笑顔が極端に少なく、常に落ち着き冷静沈着で怜悧。
   淡々としていて殺伐とした雰囲気を醸し出しているが、本当は溢れんばかりの優しさを持ち、だが主や周りを甘やかさないようにと努めて冷淡に振舞う。
   肝の座り具合から仲間が大怪我をしても騒ぐことなく冷静に対処するが、主が傷ついたり何か有った場合は多少騒ぐことも。
   恋愛の経験は一度しかなく、ただその一度が濃厚で、それ以来恋愛をしていないために女性に興味が無くなってしまっている。
   が、押しに弱い面があり、意外に純情。
容姿:白銀の腰まであるサラサラの髪を赤黒い紐を使ってポニーテールにしている、瞳は睨まれるだけで切り傷が出来そうなほど鋭い真紅で切れ長。
   身長188cmの長身に対して体重56kgと細身だが意外と筋肉質で力もある。
   普段は着流しに羽織という純和風な姿で、純白の薄いマフラーを常時巻いている。背中には鞘の代わりに鎖を巻いた大刀をいつも背負っている、背中に大きな傷跡があるがそれを知っているのは主のみ。
種族:鵺
忠誠証明:…御粗末ながらお傍に置いて頂きまして真に恐悦至極。…泰然自若たる我が主よ、私の全てを賭してお仕えさせていただきましょうぞ
(深々と両拳をついて相手の前にお辞儀し、頭を上げることもなく
備考:禍々しい災厄の象徴である鵺一族の末裔。
   天空神とロイの父親の戦乱に巻き込まれ他の仲間を失い、自分も零れ弾で瀕死の状態に追い込まれていたとき、ロイに救われ忠誠を誓う。
   背中の大刀には【奈落】という名があり、鵺一族に伝わる魔刀である、故にセティしか触れることが出来ない。
 

第八十八代目魔王

 投稿者:管理人  投稿日:2010年11月14日(日)00時56分48秒
返信・引用
  名前:ロイディン・キュグニー・ベルゼネッシュ [略称・ロイ]
年齢:見た目は20歳程だが、実年齢は20000歳以上。
性別:♂
性格:自由奔放で飄々としていて、縛られることを嫌がる。一人になるのが嫌いで、常に側近を傍に置いている。
   まだまだ幼さが抜け切らず、甘えたな部分もあり、純情で照れ屋なところも持ち合わせる。
   でも流石に昔からの教育のおかげでやるときはやる、悲観的になるのが嫌でポジティブ。
   自分の為に何体もの傭兵や魔物が死んできた現実を目の当たりにし続けてきた所為で精神を少し病んでいる部分も有るが、溢れんばかりの魔物達の愛情で歪み無く育った。
   人格は父親が幼い自分の息子を心配した為に封じ仕組んだ為に二つあり、もうひとつの人格は怜悧で飄々としている。どのような時に切り替わるかは謎で、本人も人格の変更をコントロールしているわけではない。
容姿:緋色の肩辺りまでの髪は所々無造作にはねていて、瞳は禍々しいとさえ思える黄金。
   身長は高いほうで、着痩せ体質のため華奢に見えるが筋肉は有る。爪は黒く塗りつぶしていて、力を制御するための漆黒のチョーカーに見える鎖首輪をしている。ピアスも片耳に二個ずつ。
   魔王族の厳かな服を着る事を義務付けられているが、ローブは脱いでいることが多く、下の服はヘソ出しの比較的ルーズな服。ベルト等が多用され、激しく動いても服がズレないようにされているんだとか。
種族:魔神の類、魔王族
備考:先代の魔王の実の息子であり、父が天空神と揉め、大掛かりな戦争になった挙句、まだ幼いロイは天空神側の捕虜となりかけ、それを阻止する為に父は自分の命と息子の全ての魔力を使って戦争を強制的に終わらせた。
   よって他の魔物達に当たり前にある魔力が体にほとんど無いが、自分はそれを理由から誇りに思っている。
   王族の元々の素質と日々の修行も相まって、肉体能力だけでも凡その魔物達と闘える戦闘能力と身体能力を持つ。
   だが、流石に肉体だけではまだまだ弱いので魔物達に頼らざるを得ず、それを恥だとも思っていない。
   堅苦しい対応をされるのが苦手で、略称で【ロイ】と呼んでほしいと常日頃思っている。だが、呼び捨ては何故だが気に入らないらしく、様や殿など、敬称を付けられることを望んでいる。
   鎖首輪の名は【アイヴォルフ】と言い、ロイ自身しか外す事が出来ないが外すとどうなるかは誰も知らない。


(PL:本編であまりにも魔王としての貫禄が足りないと思い、少しばかり性格を付け足させていただきました、御了承願います;)
 

レンタル掲示板
/1