スレッド一覧

  1. イグニッションコイル修理②(0)
  2. ルイヴィトン ロレックス シャネル ブランド専売店(1)
  3. JAPAN-BAG 商店最新情報 (0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:10/584 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

NGKプラグネジ部の長さの違い

 投稿者:UPM商会  投稿日:2018年 3月21日(水)11時05分15秒
  通報 返信・引用 編集済
  パラモーターのエンジンは2サイクルエンジンが主体ですが、そのエンジンに使われているスパークプラグには色々な種類のプラグが使われています。
 一例を取って説明しますので間違えてネジ部の長さの違うプラグを取り付けないよう注意してください。
 イオス150エンジンの プラグ(BR9HS)とシモニーニミニ2エンジンやニトロエンジンの プラグ(BR10ES)の比較

 = プラグトップのネジ部
 = 電気抵抗(表示のないのは抵抗なし)
 9又は10= 熱価(番号の大きい方が冷え型)
 又は= ネジ部の長さ(リーチ)(Hは12.7mm Eは19mm)
 = プラグの仕様普通プラグ(IXはイリジュウム)

になっています、結果 6.3mmの長さの違いがあります、下の電極部での差は約4mmです。
そのままではプラグの電極がピストンのヘッドに当たりリコイルスターターなら最後までリコイルが引けません。

 写真は 「ねぎのリーダーのHP」 http://www.neginoleader.com/ から抜粋
   
 
》記事一覧表示

新着順:10/584 《前のページ | 次のページ》
/584