teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


水戸訪問・・・2

 投稿者:ベテランジャンパー  投稿日:2019年 2月16日(土)23時38分27秒
  先日、日付を跨ぐ長時間に渡る消火活動に参加の皆さんお疲れ様でした。
相変わらずの要員動員力で、出場体制のポテンシャルが保たれている事に、大変心強く感じた次第です。
少々の混乱はあった様ですが、大きな火災現場で混乱する事案が発生するのは、ある意味当り前・・・兎も角安全第一で、落ち着いて対処する事が最重要かと・・・
現場では、座学や研修、訓練では気付かない事が多々あったかと思いますので、この経験を団員全員で情報共有し、今後の活動の財産にして貰えればと思う次第です。
って偉そうに言ってないで、お前ももっと働け!ってとこですが、日頃より注意喚起してる立場の人間が、やらかす張本人になる事があってはならないと言う事で、正規の活動は自粛しましたが御理解の程・・・(意味不明でせうか?)

さて何時の話をしてるんやと突っ込む方もいるやもしれない研修旅行報告の続き・・・
研修旅行は何時だったかと言えば昨年9月・・・
9月と言えば、2014年9月に発生した大きな火災の記憶のある団員は多いかと思いますが(S門の自動二輪が水槽の蓋の上に二台止まっていて難儀したあの火災です)あの時タイトな消火活動だった為、放水の水をかなり被ったのが原因か、途中降り出した雨が原因か、携帯が水没によりイカれてしまい、翌日新しい携帯を購入しましたが、古い携帯は電源は入るものの、一切の操作が出来ず、諸々のデータも全て確認出来なくなってしまいましたが、ひょっとして何かの拍子に復活する事もあるやもと、気が向いた時に電源を入れて確認していましたが、何と先日四年半振りに復活・・・当時確認出来なかったメールや着信の履歴を確認する事が出来ました。
当時の仙人から直近の火災であった不適切な事案の注意喚起や、隣接分団長からの、参加出来ないけど分団の指揮をよろしくと言ったメール等、当時の人間関係や団の状況等、懐かしく思い出すに至りました。一つだけ女性の名前で「××の前のビルで待ってる・・・」と言うメールが何の事か思い出せず・・・ってそんな話はどうでも・・・
枕で酌を使い過ぎました・・・

バンジージャンプ一番員はJAブラザース兄。バンジージャンプと言っても実際はバンジーダウン???飛ぶと言うよりは踏み切って下に落ちて行くと言うのが正しいのかなと思いますが、ブラザース兄は嘗て水上で唯一上に向かって飛んだ事のある、場を盛り上げるトツプジャンパーに最適のジャンパー・・・
皆が見守る中カウントダウンが・・・「5・4・3・2・1バンジー!」の掛け声と共にジャンプ・・・否、ジャンプしない・・・消防団員らしく「只今からバンジージャンプを開始します!」とちゃんと報告してから、大きく前に飛び出す・・・後続のジャンパー達の気持ちを暖めるには充分な見事なパフォーマンスでございました。
と言う事で場の空気は充分に盛り上がる中、二番員は無免班長・・・特段ビビる訳でもなく、テンションが上がる訳でもなく、淡々とジャンプ台に立ち、可もなく不可もなく何となくジャンプ・・・役員として、場を盛り上げるとか、皆に何かアピールするとかそう言う気持ちを持つ事は大事かと思いますので今後はお願いしますよ???
しかし今回のバンジーは飛んだ後また元の場所に回収されると言う事で、飛んだ後、自分で足に着いてるハーネスを外し、飛ぶ時はゴムが足に着いた状態で頭が下向きになる処を、回収される時にはゴムが腹部に着いた状態で頭が上向きになる様にしなければならない訳ですが、体が下に落ちている時はゴムが効いていて外す事が出来ない為、リバウンドで体が宙に浮いてゴムに負荷が掛かってない時に外さなければならないのですが、一度目のリバウンド中に外してしまうと足が外れた状態で大きく落下し、結構な衝撃があって危険と言う事で、必ず二回目以降のリバウンド時に外すよう注意を受けていましたが、無免班長一度目のリバウンドで外してしまい・・・って言うか落下中に既に外しに掛かっていた様な・・・???
と言う事でスタッフから「あれは危ないから止めて・・・」改めて注意を受ける事となり、役員としてやってはいけない見本を示したと言う事でよしとしましょう・・・???

また長くなってしまいました・・・次回からテンポアップして報告を終了したいと思いますが、一先ず今回はこんなとこで・・・

 
 

水戸訪問

 投稿者:ベテランジャンパー  投稿日:2019年 2月 4日(月)00時10分10秒
編集済
  すっかり御無沙汰でこの板を訪れる人も希少かと・・・
前回投稿から色々な事がありましたが、直近では文化財防火訓練に参加の皆さん、大変お疲れ様でした。少々ジャラってしまった部分があった様な・・・昨年の降雪中止により、二年振りだった事もありますが、やはり慣れから来る安心感の様なものも起因してるのかなと・・・
毎度同じ訓練でも事前の確認、準備は周到に行う事が大事かなと・・・
慣れと言えば私も挨拶文を代読するだけだから・・・と少々準備不足・・・いつもなら挨拶文が複数枚ある時は少しずらして折り畳み、白手でもめくり易くしておく処、訓練開始直前に慌ただしく折り畳み内ポケットに・・・と言う事で閉会式に前列の方にいた人は気付いたかもしれませんが、案の定宍戸錠、二枚目を開く事が出来ず・・・紙に目を落としているものの、途中から完全エアー読み???スムーズに聞こえていたかどうかは?ですが、適当な言葉を組み合わせ、何とか形にはなっていたかと思いますが、事前の準備は大事と改めて意を強くした次第です。
この訓練、記憶が確かなら三分団員として24回参加しておりますが、もう二度と参加する事はないと思っていましたが、今回一応の正式参加と言う事で25回目の参加となった訳ですが、間違いなく?25回でも最多参加記録には及ばないのかなと・・・恐るべし?本庁管内???

さて予てよりリクエストのあった研修旅行の報告をするつもりが枕が長くなってしまいました。
今回もお招き頂き、更にお包み拒否のお気遣いも頂き、この場を借りて御礼申し上げます。
今回の行先は水戸でしたが、十数年前行く予定が諸事情により行けなった事からリベンジの意味もあったのかなと思いますが、何と言っても日本最大の高さを誇る竜神大橋のバンジージャンプで決断力と安全管理の確認作業の大切さを学ぶ研修がメイン・・・否、メインは常総市の河川の決壊現場の視察と言う事で・・・ですよね???
御存知の方も多いと思いますが、私バンジージャンプは過去に6回飛んでいますが、高さ100メートルは経験なし・・・当然?飛びたい気持ち満々ではありましたが、時間の関係でジャンパーは6名までと言う事で、ゲストの身でしゃしゃり出るのも如何なものかと言う事で、分団員の中で希望者多数の時は身を引く所存でしたが、ドタキャンがあった事もあり(まさかバンジーの牲なんて事は?)希望者多数処か拒否者多数???と言う事で気持ちよく飛ばして頂く事になりましたが、それでも枠は埋まらず・・・幹事の提案で最後の一人は抽選で決める事に・・・高所恐怖症のJAブラザース弟は顔面蒼白を通り越してアングロサクソンかコーカサスか・・・???(何のこっちゃ???)ビビりまくっておりましたが、この時Pの方は蒼白を超えてどんな色だったのやら・・・なんて事を考えるのは私だけでしょうか???
抽選の結果6人目のジャンパーはT京消防庁見習いに決定・・・JAブラザース弟の顔色は直ちに戻りましたが、この時Pの方は・・・ってもうええか・・・実はこの抽選T京消防庁が当たる様仕込みがあったとかなかったとか???
バンジージャンプが終わるまでは全員発火性成分吟有飲料はお預けと言う事で、いつもとは違うバス内の雰囲気ではありましたが、あっと言う間に竜神大橋到着・・・
第一印象は・・・「有り得へん・・・」と言う想像以上の高さと広さ・・・
きっとジャンパーの皆さんの頭の中には「ヤバイよヤバイよ・・・」と出川哲朗が出現した事でしょう・・・機械で受付を済まし、計量の後安全帯を身に着けいざジャンプ台へ・・・体重制限105キロまででしたが、1名まさかの重量オーバーで1回目の計量パス出来ず・・・こらこら・・・2回目の計量?何とかパスし、事前にバス内で飛ぶ順番を決めてはいましたが、体重に合わせてゴムを差し替える関係で、結局体重の軽い順に飛ぶ事に・・・
カメラマンとしてジャンプ台に入る許可を受けたJAブラザース弟と共に7人で橋中央にある橋の真下に設けられたジャンプスペースへ・・・一番ビビっていたのはジャンパーでなくカメラマンのJAブラザース弟・・・おいおい・・・
また長くなってもうた・・・続きは近々・・・

先日NHK「チコちゃんに叱られる」で締めについての問題が出題されていました。「一本締めと一丁締めの違いを知らない人が何と多い事か~」と略この板で紹介した内容が紹介されていましたが、まさかNHKがこの板を見てパクったなんて事は???
この板では私を指名した時はリクエストと認識すると記しましたが、直近の宴席で続けての御指名ありがとうございました。御期待に応え?新年会では煩悩を打ち払う百八締め、Y団員の送別会では末広がりの八十八締めの音頭を取らせて頂きましたが、4月より地元郡山で社会人として新たな人生のスタートを切るY団員。郡山でも消防団に入団するとの事ですので、是非将来、立派な訓練部長となって頂き、宴席で川越で教わりましたと八十八締めを披露する日が来る事を願って止みません???
最後まで読んで頂いた方・・・一度遠くを見て目の筋肉を和らげる事をお薦め致します???
 

初耳?ガクッ!!

 投稿者:木木 修  投稿日:2018年 8月30日(木)00時06分8秒
  猛暑も何とか一段落・・・したのかしないのか・・・三分団的にはめっきり火災出場もない昨今ですが、いざという時、らくな現場はありませんので、心技体の備えは常に万全にして頂ければと思う次第です。
もう随分前のお話になりますが、分団長の舵取りで昨年から東、西とは異なる形で再開した本庁管内懇親会、今年もお招き頂きありがとうございました。
多くの常備職員の方に参加頂き大変有意義な会だったかと・・・今後も是非継続して開催して頂ければと思う処ですが、欲を言えば少々横長の席で壁際の席の人は、移動が難しく、近くの席の人としか話が出来なかったかなと・・・主たる目的は懇親を深める事が第一義の会ですので、コスパや料理、利便性よりも懇親を深め易いレイアウトかどうかを店選びの際アウフヘーベン?するのも大事かなと思ったりも致しました。
また、余興で行われたアームレスリングトーナメント、忖度なしのガチンコ勝負との事でしたが果たして本当に忖度なしだったのか・・・折角なので優勝賞品は、常備の人に持ち帰って貰えればと思っておりましたが、途中追加された優勝賞品に目が眩み、大人げなく本気を出してしまい大変失礼致しました。あの追加された優勝賞品、使用前の物になるか使用後の物になるか、週末の研修旅行のビンゴの景品に乞うご期待!!??

さて毎度枕が長すぎて恐縮ですが、第二回のテーマは「乾杯」・・・「乾杯」の起源については諸説ありますが、概ね神事に係わる節が大勢を占めておりますが、私は毒が入ってないか確かめ合う為に、お互いのグラスを合わせ飲料を混ぜてから飲んだ・・・と言う説に、色々と話が膨らみ楽しいかなと言う事で一票投じたいと思います。
営業職の人等は当然抑えてるとは思いますが、先日結構なベテランコンパニャーが知らなかったので念の為・・・乾杯でグラスを合わせる際は、目上の人より目下の人は低い位置でグラスを当てると言うのが基本的マナーですが、仲間内で飲む時はどうでもいいのかなと・・・只、私は若かりし頃より接客する女性のいる店に頻繁に出入りしていましたので(仕事ですよ~)女性達の研修の場に居合わせる事も多々あり、この基本が出来てるか、出来てないかで、その店のポテンシャルを諮ったりもしております。
こちらがグラスを下げると向こうも下げる・・・更に下げると向こうも更に下げる・・・どんどん下げて行って床付近で乾杯・・・なんて下らない事をしていた時期もありました・・・アホか???
また結婚式でよくあるシーンで、新郎新婦が乾杯の発声があった時、二人でグラスを合わせていたりしますが、本来は会場にいる皆さんの乾杯を受ける立場・・・二人での乾杯は、来賓者に対してグラスを掲げ、口に含んだ後に行うのが本来のマナー・・・
と言う事で、色々な酒席で私が乾杯の発声の後、近隣の人達とグラスを合わせる事無く、直ちに飲料を口に含むのは、一刻も早くルービーを飲みたい・・・と言う意地汚さからではなく、本来のマナーを厳守している・・・と言う事を御理解頂ければと・・・ってそんなん誰も見ちゃいねぇーか・・・???
少々内容薄々ですが、あまり長くなっても読むのに一苦労・・・と言う事で、今後も三分団の皆さんと楽しく乾杯する機会が多からん事を祈念し、第二弾この辺りで・・・

最後に・・・ここに記した事は私の経験、見聞に基ずくあくまでも私見であると言う事を一応言及させて頂き、お後がよろしいようで・・・
 

初耳?ガクッ!!

 投稿者:木木 修?  投稿日:2018年 6月24日(日)00時49分23秒
編集済
  何か新しいネタは???と多くのリクエストを頂きながら大分御無沙汰しましたが、「おしいもの・・・」シリーズも反響が無くなって来ましたので、新たなパクリシリーズ・・・になるかどうかは皆様の反響次第・・・ってそもそもこの掲示板を開設した目的とは違う状況になってしまっていますが・・・

消防団に入団し早四半世紀が過ぎ、いよいよ大台?も間近となりましたが、消防団で学んだ事、経験した事多岐多数・・・
現在当たり前の様にやっている事も、初めて教わったのは団・・・と言う事が多々あります。
座敷での宴席で、起立して御挨拶等を聞く時に座布団を足元から外す・・・なんてのはそもそも団で学んだ事かなと・・・三分団では座布団の上に乗ったまま・・・なんて事があったら直ちに注意される風習が残っていますので、同行為をする団員は皆無かと思いますが、他の席に行くと「あれ?」と思う事も・・・
また団独自の風習かと思っていたものが一般的になった事・・・昔御法度だった事が通常に行われる様になった事も多々あります。
宴席の締めの挨拶を来賓が行う・・・なんてのは以前は団だけの風習かと思っていましたが、現在は一般的に行われてるかなと・・・そもそも締めは宴席の主催者側の人間がこれで締めさせて頂きますと行うのが本筋・・・招かれた人が主催者に代わり締めると言うのは・・・と言う事で私の若かりし頃は締めをお願いすると「私は招かれた側なので・・・」と辞退する人がいた記憶がありますが、現在はそんなシーンに出くわす事は無くなりました。大締めの後、閉会の言葉があったり、主催者側の司会者が閉会を最終的に告げると言う事で一応の筋は通ってるのかなとは思いますが・・・
また、昔御法度だったのに通常に使われる様になった言葉で「御臨席」があるかなと・・・
入団間もない頃、ある宴席で年配の方に「御臨席と言う言葉は天皇陛下が着座された時のみに使う言葉で軽々に使うべきでない・・・」と指摘された事があります。当時は同様の事を言う年配者が多数いた様な気がしますが「宮家のみに使っていい言葉・・・」と言う方も多い中、その方はあくまでも「天皇陛下のみ・・・」と言っておりました。しかし現在は役所であったり、政府主催の行事等でも普通に使用されているのかなと・・・んが、私も宴席の司会を務める事が多くなった今日この頃ですが、実はこの「御臨席」と言う言葉は一度も使用した事がありません。頂いた進行原稿に記されていても、他の言葉を使用しています。別にライトウイング系の団体に属してる訳でもなく、天皇家に特別な思いを持っている訳でもありませんが、若かりし頃の指摘を厳守して来た為、使用しても問題なしとは思いますが、どうしても違和感を禁じ得ないと言う事で今後も使用する事はないかなと・・・

少々枕が長くなってしまいましたが第一回のテーマは「締め」・・・「締め」と言っても永年勤続団員慰労会で一部話題になった筋肉締めの事ではありません・・・???こらこら・・・?
YKK?もとい、察しのいい三分団の皆さんは何を言いたいか、お分かりかと思いますが、宴席に出席する機会が増え続けている昨今、その8割以上の席で行われるのが「最後に一本・・・」「最後に一本締めで・・・」と言う締め・・・本来一本締めとは十締めを1回行う事・・・それでも「最後に一本」と言われれば、皆1回叩く事だと忖度してお茶を濁す訳ですが、正しくは「一丁締め」「一発」「一つ」と言う事になるのかなと・・・頭に「関東・・・」と付ければと言う事もありますが、逆に頭に色々付ける事で変化するのが一本締め・・・「どの一本だ・・・」と毎回静かに突っ込む御来賓もいらっしゃいますが、少なくとも1回叩くのは「一本締め」ではないと言う事は抑えて頂ければと思う次第です。
因みに川越は古くから商人の街・・・と言う事で「十締め」は「戸閉め」に繋がり縁起が良くないと言う事で一本締めは行わないと言う慣習がありましたが、最近あまり聞かなくなった様な気がします。
また「十締め」は最後の一発は手の甲側の親指と人差し指の付け根を中心に斜めに打つのが正式と言う説もあります。これは「九」打った後、斜めに一発入れる事で「九」が「丸」になり丸く治まると言う事で、実は私はこれをいつも実践してますが気が付いてる人・・・がいたらビックリですが・・・???なんのこっちゃ・・・
また、締めは誰を指名するかも大切です。「末広がりの八十八締め」「煩悩を打ち払う百八締め」等と、やたら数を打ちたがる人を指名すると手が痒くなるだけです。実は先日某宴席でマロンフィールド総長?の許可を得て「八十八締め」を行った処、直ちに禁止令が発令されました。
と言う事で三分団の宴席以外で出来る場所がなくなりました???もし指名された時はリクエストされてるものと認識致しますので御注意ください???

少々長くなりました・・・こんな感じで如何でしょう?って誰に聞いてるんやって話ですが、第一回のテーマは「締め」と言う事でぼちぼち締めさせて頂きます。
最後に・・・ここに記した事は私の経験、見聞に基ずくあくまでも私見であると言う事を一応言及させて頂き、お後がよろしいようで・・・
 

鬼が泣く?

 投稿者:108男  投稿日:2018年 1月19日(金)23時38分24秒
編集済
  年も明けて早20日・・・
遅ればせながら出初式参加の皆さんお疲れ様でした。
また、新年会もお招き頂きありがとうございました。
若干名の団員が少々心配な事案を抱えていて、非常に気になっていましたが、いずれもいい方向に向かっていると言う事で安堵致しました。
来年度の25人態勢も赤信号が灯っていましたが、黄色から青に近い状況となり、こちらも安堵致しました。
操法も志願者多数で、流石三分団と、久し振りに楽しく美味しく有意義な時間を過ごす事が出来、改めて御礼を申し上げる次第です。

さて、来年の事を話すと鬼が笑うと言いますが、いつまで前年の話をしとるんやと突っ込まれる前に行政視察の報告を終えたいと思います。
筑後地域消防指令センターに向かう一行・・・
同センターは福岡県南部の久留米を始めとする8消防本部が共同で運用する施設で、4つの中継局を配するそれはそれはハイテクで立派な施設でございました。
共同運用で8消防本部の司令管制員が従事する事により、119番通報が一時的に集中しても受信対応が可能となり、大規模災害発生時に迅速、的確な管轄外の応援活動も可能となり、共同で運用、整備する為、単独で行うよりも経費が削減できると言ういい事尽くめ施設ではありますが、この施設を造るにあたり、川越地区消防組合の年間予算を超える費用が掛かっていて、仙人分団長のオイルマネー?の力を借りても、同システムの導入は難しいかなと・・・???
久留米に行って一番の印象は、消防本部も含め公共施設やインフラ状況等が兎に角立派と言う事・・・ブリジストンの工場があると言う事で、やはり税収が・・・と思って調べた処、税収事態は街の規模に比べ特別高額と言う事でもなく・・・やはり自転車の街と言う事で・・・???
いずれにしても有意義な研修を終え、久留米駅近くのお米の美味しいお店で、料理が何品出てくるのか分からず(次々出てきて終わりが分からない)コンビネーションに苦慮しながら美味しく頂き、福岡空港から無事羽田に・・・
因みに福岡空港の金属探知機にも、当たり前ですがベルトが引っ掛かりました・・・(敢えて勝負してみたのですが・・・)
往路と言い、研修中と言い、今回はバスが大当たりと言う事で、復路のリムジンバスでは隣席がマクガイヤー・・・マークマクガイヤーではなく、マクガイヤー兄弟の方・・・???
座席を1席と三分の一席使用していて明らかに私の方にはみ出している・・・常に前の手すりに摑まってるのは、摑んでないとバランスが取れない為か・・・そして頻繁にグビグビ飲むメッツのメロンソーダ・・・そんなもん飲んでるから・・・と突っ込みたい衝動を抑えながら、時折はみ出してくる土嚢の様な?太腿を押し返し・・・そして起きてる筈なのに大鼾・・・???体から発する熱なら負けないと?接してる太腿で体温勝負を試みましたが・・・???どうやら敗北です・・・???帰りのバスも疲労を溜めながらとなってしまいましたが、何とか無事川越駅到着。定番の「和幸」で夕食をと向かいましたが、閉店ガラガラ・・・仕方なくバーミヤンへ・・・団長から「一人一杯」とのお達しがあり・・・私が団長から一番離れた席に座ったのも、私の席のテーブル脇にメニューが立って並んでいて、私の席のテーブルが団長から見えない様になっていたのも、たまたま偶然・・・???「一人一杯?」と言う事でしたので自然の流れで?麦ベースの発火性成分吟有飲料を頂き、同テーブルの他の分団長の皆さんのリクエストにお答えし?最後の一杯をウエイトレスに「脇から何も言わずそっと渡してね・・。」とお願いしましたが、店長らしき中年男性がホール中央に立ち大きな声で「生〇ー〇のお客様!」と言い放ち・・・約束が違うじゃねぇかこの野郎・・・等と立腹してる場合ではなく、只々笑うしかない・・・???今回今一つ笑いのネタを提供出来ませんでしたが、最後にネタが作れて良かったかなと・・・???この場を借りまして「一杯」(一つ)と「一杯」(沢山)を」勘違い?致しましたことを改めてお詫び致します。
今回の研修、昨年に比べると大分有意義でしたが、個人的には久留米の夜を堪能したかったかなと・・・熊本の方が繁華街として立派ですが、「ダルム」「タング」なんて呼ぶ焼き鳥や、臭い豚骨メンラー、蒸し鰻、こしのない饂飩、何よりも街全体が独特の魅力を醸し出していると感じたのは私だけかもしれませんが・・・
また、研修はやはり何処か分団の車庫を見学しつつ、分団長や団員と情報交換する場があれば・・・と毎回思ったりしております。
いずれにしてもこの視察が今後の活動に生かしてて行けるか、只の親睦旅行になってしまうかは参加者の皆さん次第。是非何らかの形で、活動にフィードバックして頂きたく思う次第です。
私も昨年は行政視察の成果を出すべく、川越に戻り次第、金のネックレスとブレスレットを購入し、パンチパーマを掛ける予定でしたが(何で?)諸事情により出来ませんでしたが、今回は視察の成果として、金属探知機に引っ掛からないベルトを購入しようかと・・・
蛇柄かヒョウ柄、もしくはエナメル質の原色カラーの物を購入し、F市の団長にビジュアルのインパクトで負けない様にしようかなと・・・否、最後にまた意味不明な事を言ってしまいましたが、行政視察の御報告これにて・・・

最後に・・・3月10日にステアレースが久々に東京タワーで開催されます。
是非出場を・・・と思ってはいますが、3月10日と言えば、KFCにとっての一大事発生予定日・・・???体を開けておいた方が良いのかどうか思案中で、未だエントリーしておりませんが、近々決断の予定です。ってまた意味不明で申し訳ありません。

本年も宜しくお願い致しますと言う事で、お後がよろしいようで・・・
 

今年も色々な情報ありがとうございました

 投稿者:えにし  投稿日:2017年12月31日(日)16時55分53秒
   管理人様、第三分団の皆様、お疲れ様です。OBのえにしです。
今年も色々な情報をありがとうございました。先の文中の「スペースワールド」の件、懐かしいです。自分も参加させて貰いました。当時の分団長(エネルギー販売会社の方)に、消防団はいかなる場面も想定していなければならないと妙な説得をされ、無理矢理ジェットコースターに乗せられたのもいい思い出です(笑)。消防団とジェットコースターは直接関係ないと思うが(笑)。そのスペースワールドも今日で閉園とは。
今はOBですが、今でも市内の某ファミレスで、人生の最後にお世話になる仕事をされている元分団長や、アメリカ発の揚げ鳥屋の道路の反対側の電気工事屋さんの社長とか、挨拶させてもらっています。
来週の日曜日は消防出初め式、その際に元気な顔で逢えればと思います。
今年も1年感謝です。そして、来年も宜しくお願い致します。感謝。
 

医者、自転車、芸者の街?

 投稿者:巡業部長?  投稿日:2017年12月22日(金)22時55分51秒
  遅ればせながら行政視察久留米編の御報告・・・
前回投稿者ハンソデーゼ・・・と記しましたが、もう一つ意味不明だったかと・・・まさかの特別点検中止について触れようと思いチョイスしましたが、触れるのを失念致しました。

特別点検は年に1回必ず受けなければならないルールになっており、中止は父の現役時代も含め記憶にありません。台風の為致し方ない・・・と言う事ですが・・・否、と言う事です???
しかし20数年前台風の中点検を行った事は20数年前の事の様に思い出されます。
当時は今より御来賓の御挨拶も多く、点検者も二手に分かれる事無く、小隊の数も多く中々時間を要しました。暴風雨の中でしたが、服装の点検もある為当然雨具厳禁。また、台風の為か御来賓の皆様は欠席が多く代理の方が挨拶文を代読すると言う事で、天候に関係なく皆さんしっかりと読み切る為尺が・・・
溜め息も約300人が一斉にすると結構な音になる事を初めて知りました・・・
で、三分団はその後研修旅行で九州に行った訳ですが、長らく車庫に飾ってあったスペースワールドの写真、前列に革ジャン、ダウン、マフラーや毛糸の帽子を着してる人がいる中、最後列で半袖が1名・・・これは現在の三分団でもよくある光景ですが、その隣にタンクトップが1名・・・あの頃は写真を撮る時に「負けてらんねぇ」等と言って脱ぐ強者がいましたが、最近はめっきり・・・挑戦者?お待ちしてます???

等と尺を使ってる場合ではありません・・・熊本から久留米にバスで移動・・・
バスは前日と同じながら、後部座席がサロンから通常の座席に変更され・・・しかし私の席はリクライニングが故障・・・寄り掛かると自然にリクライニングする為寄り掛からない様に・・・行きのリムジンバス同様肩や背中に妙な疲労が・・・
実は久留米は生まれは宮崎は小林市の奥が物心付いた頃から小二まで過ごした街・・・思い出の地を撮影すべく情報を沢山頭に入れ車窓からチェックしましたが、目標物が殆ど見つからず・・・そんなこんなしてる内に、大変立派な久留米市消防局に到着・・・
研修並びに局内の施設で様々な体験をさせて頂いた訳ですが、兎に角立派と言う印象・・・
団本部室は川越の総務課が使ってるスペースと略同じ・・・団本部室の奥には団長室があり、、ここが川越の団本部室と概ね同じスペース・・・男女共に操法の全国優勝の盾があり・・・恐らくこの他に川越の様に本部室と倉庫が兼用ではなく?団専用の倉庫があるのではないかと・・・
団長は独特のエネルギーを発していて、局長室での局長との漫才の様なやり取りも、聴き応えを感じた次第です。
研修の担当者は事前にかなりのリサーチをしていて川越の名物や「ときも」他様々な情報を織り交ぜながらの説明は中々でした。
久留米市消防団は5支団に分かれ43分団あり、団員数は1,498名(定数1,587名)48名いる女性団員は各々の分団に所属し、男性と同じ活動をしているとの事。
規模が大きい為、全団員が集まる機会はスペース確保の問題でないそうですが、それでも出初や一斉放水は壮観かなとの想像に至りました。
また予算額や分配方法も独特でありましたが、誤解があってもいけませんので言及は控えます。
これだけ規模が多くて団本部は第××分団の管轄内で火災発生となった時に、即座に理解出来るものなのかとの疑問には、「問題ない」と即答・・・ホンマかいなとも思いましたが、であるからこれだけ大規模な団体の上層部でやって行けるのだろうと理解致しました。
研修終了後筑後地域消防指令センターの見学に行く訳ですが・・・少々長くなってしまいましたので、続きはまた・・・

最後に大分遅くなりましたが、恒例の保育園訪問に少数精鋭で参加した皆さん、大変お疲れ様でした。記憶が確かなら10回目・・・あと2年すると最初の訪問時の児童が18歳・・・「あの時・・・」と言って入団してくる若者が1人でもいれば・・・はてさて・・・???
 

1名確保???

 投稿者:広報ランナー  投稿日:2017年11月29日(水)22時49分40秒
  小江戸川越マラソン警備に参加の皆さん、ランナーとして参加の皆さんお疲れ様でした。
今年も広報ランナーとして、しっかりと仕事をさせて頂きました・・・???(決して警備をばっくれる為のエクスキューズではございません・・・)

相変わらずのトレーニング略0での参加と言う事で、毎度同じ話になってしまいますがキロ6分厳守、敬礼の自粛(昨年やり過ぎて右手がパンパンに・・・)をテーマにスタートしましたが、最初の1キロを5分20秒、3キロを16分14秒といつも以上の早いペースで入ってしまい、10キロを55分で通過した処で何とかペースダウンし、最後の5キロまで力を溜める事に・・・んが、思う他元気で迎えた17キロ地点からスピードアップを試みるも、右足に疲労とは異なる違和感が・・・上半身は元気なのに下半身は・・・飲み過ぎた時によくある状況・・・否、もとい、力を入れると右足故障の予感を感じ、最後まで抑えたままのゴールとなりましたが、予定通り、例年通りのキロ6分を少し切る2時間5分・・・まだまだトレーニング0でも完走は・・・と毎年言っておりましたが、いよいよちゃんと練習しないと厳しい年齢になったのかなと・・・(気付くのが遅い???)

広報的には例によって北環状に入るまでは左右ジグザグに走り声援に答え、二分団に挨拶、一分団には無視?され、南古谷に挨拶、局付近で副団長に謝罪???元団員や常備職員、三分団員、自治会関係者等にも敬礼を・・・って結局数百メートルに1回はしていたのでまた100回以上はしてしまったのかなと・・・(右肘内側の筋肉痛が・・・)
只、気温が高かった為、いつも子供達とのハイタッチは丁寧に対応していましたが、手がびっしょりだった為、今回は自重しました。
そんな中、志多町で年配の・・・もとい、元ギャルから「来年入るからよろしくね」と声を掛けられました・・・詳細は聞けませんでしたが、まさか御本人ではないと思いますので、お子様かお孫さんか・・・第一分団?女性?・・・はてさて・・・???
また、今回年配の人達に声を掛けると「もう歳だから・・・」と言われるケースが多く・・・お孫さん世代の紹介をお願いしたい・・・との説明で少々タイムロスがあったかなと・・・
いずれにしても広報ランナーとして「消防団がんばれ」と多くの声援を頂き、PR活動としては一定の成果ありと自負する処です。
10キロの部で団員募集の襷を掛けて走った福原分団長、団TでPRした山田分団長、三分団員、南古谷分団員、その他把握出来てない多くのランナーの皆様大変お疲れ様でした。
現在団員募集の襷の増産を計画中ですので、来年は大PR部隊が組めればと思っている次第です。

今年も団員募集の襷を使用し、様々な機会に広報活動させて頂きましたが、(J:COMで祭りの取材なのに消防団の話しかしてないインタビュー見て頂けましたでしょうか?大分カットされてしまいましたが・・・)来月17日の川越市民駅伝での広報活動が2017年の〆になろうかと思います。実は現在ランナー不足ですので、我こそはと言う方は是非お声掛けください。

以上御報告まで・・・
 

復活祭???

 投稿者:ハンソデーゼの会会長  投稿日:2017年11月21日(火)23時53分10秒
  長らく御無沙汰致しましたが、自宅にPCが復活しましたので、「NEST」や「茶坊主」では御報告不足でしたので(って何のこっちゃ?)遅ればせながら、行政視察の御報告を・・・

今回は熊本ー久留米の視察研修でしたが、まさかの4欠・・・ちょっと私の記憶には歴代分団長の話を聞いても記憶にありませんが、これも時代の変遷の表れと言う事で自己完結。
時は9月7日川越駅西口に集合し、リムジンバスにて羽田へ・・・私の臨席は若いレディースだった為、体が触れない様気を遣い過ぎて肩が凝るは、背中は痛むは・・・
ここ数年羽田空港は飛行機の利用は年一程度ですが、義父母の送迎等で割と頻繁に利用してますので、早朝の食事は出発ロビー内の店が一番マシと承知していましたので、立ち食い蕎麦レベルの味で値段は2,5倍の蕎麦で一汗・・・???
保安検査場の金属探知機にベルトが引っ掛かったのは少々驚きましたが、いいネタが出来たと
言う事で自己完結(後日J社の友人に聞いた処、最近探知機の制度が上がったそうな・・・)
熊本空港には略予定通り12時頃到着し、中型サロンバス?でまずは一番被害の大きかった益城町周辺を車窓からの視察・・・ここ数年色々な被災地を訪れる機会に恵まれ、少々想像力が鍛えられたのか、空き地(更地?)や河川、山肌や田畑を見ただけで色々な景色や思いが頭をよぎり・・・でこぼこの道路、崩れたままの川辺、ブルーシートで損傷部を塞いでいる多くの住宅やプレハブの仮店舗・・・とても順調に復興が進んでいるとは言い難い状況かなと思った次第です。
その後変わり果てた熊本城を遠目に見ながら昼食会場へ・・・メニューは熊本名物太平燕・・・ちょっと薄味かなと思いましたが美味しく頂き、熊本市消防局へ・・・
残念ながら消防団関係者の参加はありませんでしたが、消防団について、震災時の活動や状況について、そして防災センターで色々な体験をさせて頂き有意義な研修だったかなと・・・
熊本市消防団は5つの区に分かれ16の方面隊があり87分団209部、団員数4,542名(女性154名)の大所帯(条例定数は5,338名)基本小学校1校につき1分団、夫々の分団はその校区を管轄すると言う事で、組織としても分かりやすく、団、団員と地域との連携体制も容易に整い、活動内容もはっきりとしていて大変いい体制だとは思いますが、これも地域性と言う事で、川越で同様の体制を取る事は不可能…と言うか必要ないかとは思われますが、いざ大きな災害が発生した時の動きと言うものは各分団夫々の事情に合わせて明確に約束事を決めておく事は必要かなと思った次第です。
研修終了後団本部と消防局長達との懇談が少々長くなり、予定していた熊本城の見学は省きホテルへ・・・少々の休息後、意見交換会の会場へ・・・会場は徒歩で充分・・・と言うか普段ならランで行く処ではありましたが、縁起物なので路面電車で行く事でに・・・某分団長がPASMOをチャージしようとして車内の両替機に千円を入れ少々の笑いを取る一幕も・・・
会場は正面にライトアップされた熊本城が見える中々のロケーション・・・只、前述した通り城は残念なビジュアル・・・
意見交換会は個人的には中々有意義でした。(本当に数多くの意見を交換しました)只、〆の挨拶では昨年の様なネタがなく残念でした・・・
二次会は千春ブラザースの次兄の「大空と・・・」で幕を開け、F原のマスターがいい味を出し、楽しい宴だったかと・・・
その後3名で地元の人に「さっぱりしていて美味い・・・」と評判のメンラー屋に行きましたが、普通の関東の味で・・・こちらの人達には新鮮なのかもしれませんが・・・で、〆を終えてホテルに帰り就寝・・・の筈がホテルロビー前に待ち構えていた某分団長の強いお誘いで改めてメンバー編成をし繰り出し・・・兎にも角にも大変有意義でございました。
個人的には馬しゃぶを食したいと考えていましたが、それはまたの機会に・・・
熊本は4度目の訪問でしたが、繁華街は相変わらずの活気でしたが、やはりシンボルである熊本城に足場やシートが掛かっていては街全体から醸し出されるエネルギーも弱くなっているかなと感じた次第です。
簡単にご報告するつもりがまた長くなってもーた・・・
と言う事で久留米編はまた改めて・・・

26,27年度会の皆様、こんな感じで如何でしょう???????
 

いい日旅立ち・・・???

 投稿者:谷村珍事?  投稿日:2017年 8月31日(木)12時06分56秒
編集済
  ああ~♪日本の何処かに~♪私を待ってる人がいる~♪

と言う事で多くの方々から「新しい投稿は?」と聞かれる今日この頃ですが、スーパーレンジャー(横浜のレスキュー隊ではありません)で多忙だった事もありますが、現在自宅にPCのない状況が思う他長く続いており、中々投稿の時間が取れない状態です。以前の様に投稿出来る様になるかはイーレンジャー(横浜のレスキュー隊ではありません???)次第と言う事で・・・???

さて、今年度も早5ヶ月が経過し、色々な事がありましたが、まずは二年に一度の上戸河川敷、伝統芸能を継承する会?に参加の皆さん、クソ暑い中大変お疲れ様でした。土嚢撤収時に蝶結びの土嚢を多数発見し結び直しましたが、まさか三分団に犯人?はいないと思いますが、今一度確認、徹底を御願いします。

4月はすっきりとスタートする事が出来ませんでしたが、5月の管轄内で発生した大きな火災では、平日昼間にも拘わらず、三分団の出場体制はしっかりと維持されている様で安堵致しました。
只、あのメンバーだと三分団単独での消火活動は難しい状況だったかなと・・・誰が出場しても消火活動が出来る様、各団員のスキルアップを望む処ですが、三分団単独での消火活動は無理でも、本庁管内三個分団協同での消火活動は充分可能な状況だったと思います。いざと言う時スムーズな作業が出来る様、日頃から連携、協力体制の強化、維持を期待致します。

連携、協力体制の強化と言えば・・・6月に6年振りに開催された本庁管内合同懇親会は大変有意義だったと思います。以前は役員と幹部職員のみの懇親会でしたが、今回は現場で顔を合わせるであろう職員の皆さんと、全団員が対象と言う事で、この様な会を継続して行う事で、常備職員の皆さんとの人間関係が構築され、現場でのスムーズな共同作業に繋がるかと思いますので、是非定期的に開催し続けて行く事を祈念致します。
しかし、職員の皆さんは巨砲カルピスサワーをお好きな方が多い様で・・・がっしりとした体格の男の前に並ぶピンク色の液体の絵面には違和感を禁じ得ませんでした・・・また、「趣味は〇〇ガ
です」と発表された方がいましたが・・・ぺぺ〇ー〇〇〇の話も出てましたが・・・否、これ以上の言及は控えましょう・・・
また、本庁管内には思う他独身団員が多い事に気付きましたが、常備の方も何気に独身者がいる様で・・・多忙につきここ数年活動休止状態の「川越から独身団員を無くす会」会長改め、「川越地区消防組合から独身者を無くす会」会長としての活動を再開しようかと・・・

また、今年も研修旅行に御招き頂きありがとうございました。自身の体内に入れる発火性成分吟有飲料は持参しましたが、御言葉に甘え、大変お世話になりました。
ホテルの料理は大変ポテンシャルが高かったかと思いますが、翌日「舟や」が控えていた為、今一に感じてしまったのは気の牲か・・・???しかし「舟や」は相変わらず美味しゅうございました。只、行く度に「あと5年は頑張る・・・」と言っていた女将でしたが、今回初めて「あと何年出来るか・・・」と話が変わってました・・・家族で再訪するのは少々急いだ方がいいのかなと・・・
また、今回は多忙で前夜のやっつけ仕事だった為、毎度のビンゴの景品の寄付は、頓智の利いてる物が少なく、包装も煩雑で失礼致しました。只、何点かは力作があったかと思います。あれは早く寝ればいいのに出発前夜に下らない物を作成している私の姿を想像して笑う物と言う事で御理解の程・・・また、旅中D旅行社のM氏から「海水浴禁止・・・」「海に入らない様に・・・」と何度か注意があり、団歴の浅い団員には意味不明だったかと思いますが、15年位前までだったら、旅先が堂ヶ島と聞けば間違いなく水着を持参し余計な事をしていたかと思いますが、今回は客人扱いだったとは言え、全く頭に浮かぶ事もなく、歳を取ったものだと自分の加齢を感じた次第ですが、セクシーバスストップ、もとい、放尿バスストップ?の後継者は黙っていても絶える事はありませんが、時にはインパクトのある思い出を力業で作る強者の出現を密かに願う処です。(台風時に海に入るのは厳禁ですが・・・???)

最後に7月に行われた地域防災コンサートですが、スーパーレンジャー(横浜のレスキュー隊ってもうええか・・・)で多忙の折、午前中の仕事を何とかやっつけ、音楽隊の最後の曲の前に2階席に到着し観覧しました。舞台で大事なのは間と緩急・・・音響も含め元舞台俳優?としては突っ込み処満載ではありましたが、結果的には上出来だったかと・・・三分団の誇る大班長も独特のリズム感でいい味を出しておりました・・・(大きく外れた歌い出しはどうなる事かと思いましたが・・・)某人形屋さんが「平日の活動はお任せください・・・」と歌っておりましたが・・・今後の御活躍多いに期待致します???
只、厳しい事を言わせて頂ければ、歌や踊りは素人っぽいのが好きだからガストに・・・否、もとい、歌や踊りは素人っぽくても問題なしですが(寧ろ玄人っぽいと違和感が出るかと)訓練礼式に関わる部分はビシッと決めて欲しかったかなと・・・特に防火服に着替える処・・・その前に常備の見事な早着替えを見せられていただけに、モタモタ感が際立って見えました。
また、消防団が頑張ってる事を知ってもらいたくもありますが、それが嵩じると、消防団に入ると大変そうと思われてしまう事もあり、客席の反応を見ながら、改めてPRの難しさを感じた次第です。
また、男女協力してインパクトのあるPR活動が出来たと言う事で、めでたしめでたしの空気もありますが、今回急に決まった話であった事もありますが、話の進め方に不備があった事も否めませんし、ネガティブな感想を持ってる人が少なからずいる事も承知しています。
結果が良かったので良しとする事無く、しっかりと検証し、反省点は改善し、次回に繋げて行く事が必要かと思っております。

と言う事で長くなりましたが、私の投稿をお待ちの皆さん、こんなもんで如何でしょう?
久々で調子が出ず、少々硬い内容になりましたが、次回何時になるかはイーレンジャー(横浜の・・・否、失敬)次第と言う事でこれにて失礼致します。
 

レンタル掲示板
/38