teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


階段馬鹿Ⅱ

 投稿者:長井秀和  投稿日:2020年 7月18日(土)16時47分34秒
編集済
  GW期間中の完結・・・の筈が大分遅延してしまいましたが、大変遅ればせながら先月末早朝の人造人間見学・・・否、もとい、早朝の火災出場に参加の皆さんお疲れ様でした。
平日の通勤時間帯と言う一番難しい時間帯の出場だったかと・・・昨年度満になったのも束の間、過去最大の3欠の新体制の中、参集の塩梅は?との懸念もありましたが・・・
私は早朝バズーガー・・・否、もとい、早朝ボランティアの為、大きく出遅れてしまいましたが、しっかりとした人数で出場体制が整っていて、三分団行けてるね!と安堵致しました。引き続き難しい対応の求められる今年度の活動ですが、宜しくお願い致します。

また、えにしさん、久々の登場ありがとうございます。座布団の話を始め、一本締めと一丁締めの違い、御臨席と言う言葉の使い方、乾杯の作法等々、消防団で学んだ諸々を紹介した「初耳?ガク!」シリーズ・・・何気に評判良く(間違いない?)「またやらないの?」との声を度々頂きますので、近々復活したいと思います。
また、御指摘の「燃えてるのは他人の・・・」のお話は代々受け継がれていて、これからも継承されて行く事と思います。火災出場時に炎上中だからと必要以上に急いだり、慌てたり、焦ったりして、事故や怪我に繋がる様な事があってはならいなと言う戒めのお話で、消防団員であれば、言葉少なでも容易に理解出来る話であると思います。(間違いない!)
んが、消防団をよく理解されていない人が、一つのセンテンスだけを拾って「燃えてるのは他人の家だから急ぐ必要がないなんて、けしからん!」とネガティブな発信をする・・・可能性がないとは言い切れない・・・!!時を戻そう?・・・えにしさんの文面から誤解をする人はいないと思いますが、SNS等で頻繁に情報を発信している団員にあっては、消防団について発信する際には、あらゆる角度から誤解が生まれる可能性を排除する事無く、熟慮、精査の上、発信する様御注意の程お願い致します。
そんな事を言うあなたのこの板で発信するブラックジョークや下ネタは誤解を受ける可能性はないのかと突っ込まれれば・・・ないとは言い切れない・・・とも言い切れない・・・?時を戻そう・・・「消防団員が下ネタを言ってもいいじゃないか、だって人間だもの!」と言う事で(どう言う事で?)毎度寸止め出来てるかと思います。(間違いない?)

枕が長くなり過ぎました・・・ステアレースのお話の続きを・・・
出場選手は例によって順番に舞台上でインタビューを受け、チアの皆さんのエールを受け会場に・・・HP上に多くの写真がUPされていて様子は分かるかと思いますが、私の出番前後の数十名は、調度ランチタイムと言う事で、カメラマンも、チアの皆さんもブレイク中と言う事で、折角の目立つ黄色も、競技前後の写真は1枚もなく・・・また、舞台上でインタビュー中も客席は限りなく0に近い状況で、少々テンション下げ下げで競技会場に・・・
ここでの待ち時間が意外と長く、色々な地域の団員と情報交換タイム・・・数年前までバラエティー豊かだった活動服の様々な色や形式は略同じ形となり、活動服の全国統一基準は確実に進行してると感じました。間違いない!それだけに私は異彩を放って目立っていましたが、それ以上に今回も異彩を放ったのはTシャツ短パンスタイルの某団員・・・確かに消防団の部の服装はルール上自由となってはいますが、大会のコンセプトを考えれば違和感を禁じ得ませんでした・・・私も安全帽でなければ何秒かタイムを縮められた可能性も・・・間違いない!安全帽に付けたままのゴーグルとヘッドライトを外しておけばもう少し上位に入れた・・・とは言い切れない・・・?
時を戻そう・・・そうこうしてる内に私の出番が・・・ホースバックは約18キロとの事でしたがもう少し重く感じました。ベルトを調整しバックを後方に回して腰の上に付く位置に・・・他の選手はバックを担いだ状態でスタートラインに立ちましたが、私は少しでも力を温存する為、バックは下に置いたままスタート合図の5,4、3のカウントの3で肩に背負い2でスタンバイ、そして「GO」の合図で計測バンドを付けた右手をスタート用のセンサーにタッチしスタート・・・アスリート体系の選手の中には、バックの重みに振られて思う様に走れない選手もいたので、少し様子を見ながらのスタートでしたが、ガテン系の私には問題なく、直ぐに全力疾走モードに・・・沿道から「速い・・・」との声が聞こえて来たので、何で俺が早いの知ってるんだ・・・でも2回目からは・・・否、もとい、多分速い方だったのではなかろうかと・・・(間違いない?)しかし100m付近で階段上りの力を残しておかんとと、ややスピードをセーブしようと思った処、沿道から大口町のレジェンドからの声援が・・・よせばいいのに声援に応えスピードを上げてしまい・・・下りのスラロームもサイドステップ踏みながら順調に・・・そして階段を駆け降り川口リリア入口に・・・スタッフからやはり「速い・・・」と声を掛けられたので、何で俺が早いの知ってる・・・ってもうええか・・・恐らくいい感じで走れてたのかなと思われます。消防団の部はここでホースバックを所定の位置に降ろして、身軽になって階段入口へ・・・
スピードを緩める事無く一気に階段を上り始めましたが・・・

ジョブタイムになってしまいました・・・続きはまた・・・

皆さん引き続き息災に・・・


 
 

大切なことは皆消防団から教えてもらいました

 投稿者:えにし  投稿日:2020年 5月 2日(土)17時27分8秒
  管理人さん、第三分団の皆さん、ページをお借りします。OBのえにしです。
先日の長時間の火災対応、本当にお疲れ様でした。私は警戒線の中は勿論入れませんが、(警戒線の手前で)三分団の方々にも挨拶だけさせてもらいました。現場に向かう途中で物凄い火炎が確認出来、足が震えました。もしこれが自宅であれば、腰を抜かして、失禁してしまうかもしれません。いや、間違いない!(まねしてみました)
入団当時の分団長(燃える気体販売店さん)にこう言われました。「いいか、現場に急ぐ気持ちは分かるが、燃えているのは他人の家なんだ。焦って自分が事故を起こしたら何にもならない」と。今でも忘れない言葉です。現役の方にも覚えておいてほしい言葉です。
今回の火災現場のそばには、知り合いの店(黄色く、辛めの料理の店)があり、「被害はありませんか」と声を掛けたところ、そこの女将さんが、「怖かった、怖かった・・・」と連呼していました。まだ目の前では懸命な消火活動が行われていました。自分な何も出来ないですが、多少なりとも気持ち的に安心して貰えたのかもしれません(この人が居れば何とかなると思われたら嬉しいですが)。
さて、現在は企業団員として品川消防団に所属していますが、ここ数ヶ月はコロナの関係で、消防訓練も住民、学生に対する防災訓練指導も全て中止になり、なんともモヤモヤの毎日です。
いつまでこの状態が続くのでしょうねえ・・・。
たまに「えにし号」で街中を走りますが、殆どのお店が休業状態で、観光客もほぼゼロ、こんな川越は初めてです。早く活気のある川越に戻ってほしいです。
さて、第三分団OBとなってはや20数年・・・、今でも仲良くさせて頂き有り難いことです。
先輩OBの方々とも仲良くさせて貰っています。1年前のOB会で久しぶりにお会いできた方、東田町の○ニーズで、たまに会う方等々。そうそう、和室で立った際には「座布団を踏まない」という常識も消防団で教えて貰いました(社内でも意外と知らない人多し)。
少し前ですが、今年の消防出初式では、女性団員の写真も撮らせてもらいました。ちゃんと、「三分団OB、現在は品川消防団の○○です」と自己紹介して。(嘘じゃないからいいですよね)。うおーっという声が上がりましたが、改めて、消防団の団結の強さと「消防団という」名前の信用の大きさを実感しました。
最後に、ステアレースの写真拝見しました。すぐに分かりました。「あっ、居た」と。
「人生は思い出作り」ですね。
これは管理人さんだけでなく、団員皆さんに。
消防団活動を通して、沢山の良い経験、そして沢山のことを学んで下さい。
いつも感謝です。

 

階段馬鹿!

 投稿者:長井秀和  投稿日:2020年 5月 1日(金)23時30分0秒
  災害対応以外の活動自粛で始まった新年度・・・
早々に長時間に及ぶ火災出場参加の皆さん、大変お疲れ様でした。
早1ヵ月が経過した令和2年度ですが、今月も引き続き活動自粛と言う事で、本来であれば操法の練習や、研修、NK等々で団員間の結束力を高めて、新体制の今後の活動力、要員動員力の強化を行う大切な時期ではありますが、例年にない現状も、先々の活動にプラスになる様、出来る事をしっかりとやって行って頂ければ思う次第です。
機械器具点検、無線試験等々、暫くワンオペでの対応となりますが、いざという時に車両のエンジンが掛からない、資器材が使用できない・・・等と言う事がない様、事故、怪我、感染に充分注意しながら、大過なくお願い致します。

さて、GW(自粛週間?)ではありますが、ステイホームが求められ、ストレスを溜めてる団員も多々いるのかなと・・・間違いない!
と言う事で暇つぶしのネタにでもして頂ければと、もう1年以上前の話になりますが、川口で行われたステアレースのお話を・・・
埼玉県で開催されるのも初なら、消防団から話が出て開催地が決まったのも初、消防長が実行委員長を務めるのも初なら、250名以上の大人数の参加者が集まるのも初・・・と初物尽くし・・・
毎回トレーニング略0で臨んでいましたが、今回は週数回、副業のDM便を某マンション1Fの集合ポストに投函すればいいものの、14階のドアポストまで階段を駆け上がり届けたりしておりましたが、その成果が表れるか否か・・・
大会当日、川口と言う事でゆっくりの出発・・・ぽっぽや団員の尽力で川越市駅構内に掲示された「消防団員募集」のポスターの塩梅をチェックしようと改札を抜けると、前を行く男が徐にポスターの方に歩み寄り手を伸ばし・・・まさか剥がすのか・・・と注視すると、貼り具合をチェックしてたのは、他ならぬぽっぽや団員・・・
と言う事で途中までトークをしながら一緒に・・・武蔵野線に乗り換えると、徐々にそれらしいアミーゴ達がチラホラ・・・特に一つ手前の西川口駅では早朝の仕事を終えた(間違いない!)それらしい嬢達がチラホラ・・・否、失敬!!
川口駅に到着し、駅前広場で受付をすると何と私の出番は189番目・・・時間的には一度帰宅出来る(間違いない!)と思いつつも、レース会場をチェックしつつ、出番までは4時間近くあるので作業着に着替えるか否か暫し思案しましたが、黄色くなれば、こちらからアミーゴを探さなくても、向こうが気付いてくれる(間違いない!)と言う事で早々に着替えて会場に戻ると、案の定宍戸錠、このレースでアミーゴになったレジェンドのいる大口町の消防団員に「相変わらず目立ってますね・・・」と声を掛けられる・・・また市原市の団員にも「珍しい色ですね・・・」と話しかけられアミーゴに・・・HPの開会式の集合写真を見て貰えれば、私が何処にいるかは一目瞭然・・・賛否のある全国統一基準に適合しない作業着ですが、このレースに参加する度に、この色も悪くないないなと思ったり致します。
消防団から話が出たと言う事で、川口の消防団員も多数参加しており、操法の県大会で活躍した団員の顔もチラホラ・・・県内開催と言う事で川越からも多数の参加者が・・・と思っていたら、常備の若手2名のみの参加で・・・
今回は階段を駆け上がるだけでなく、その前に約18キロのホースバックを担いで200m走った後に、約300段の階段を駆け上がると言う「何しとんのや!」って突っ込まれそうなレースですが、階段だけなら若いもんに敵わなくても、力技なら勝負になるんじゃないかと(間違いない?)例によって根拠のない自信を持って臨みましたが・・・???
あまり長文になっても何ですので、GW期間内の完結を目指してお後がよろしいようで・・・

何故「間違いない」と言うキーワードを連発してるのか分からない若手団員の皆さん、簡単にググらないで、是非先輩団員とのコミュニケーションツールにして貰えれば幸いです。
 

東京だよ、おっかさん!・・・6

 投稿者:流石お強い!いい男!!  投稿日:2020年 3月29日(日)23時16分35秒
  まさかの雪・・・3月に長袖を着たのは初めて?かと・・・
コロナの終息の気配は全くなく・・・自分は多分平気と言う根拠のない楽観から中々意識を変えられない今日この頃ですが、終息については、矛盾しますが、楽観視しておりません。
団の活動も団員間だけの問題ではなく、第三者からの捉えられ方、万一何らかのアクションがあった時の対応の仕方についても、注視と配慮が必要なのかなと思っている処です。

それはそれとして今年度の事は今年度の内に・・・と言う事で研修旅行の御報告を完結したいと思います。
昼食は築地で放し飼い???
移転前より場外は賑わっているとの噂は間違いなく・・・各店舗食べ歩き用のメニューを用意しており、所謂映える商品も多数・・・外国人観光客や老若男女に対応した見事な観光地に変貌したと感じました。
以前に比べると寿司屋と海鮮丼の店が増え、カーネルサンダースの様にすし三昧の社長の人形が異彩を放っていました・・・たまにこの人形を殴る従業員は・・・いないでしょう・・・多分・・・んがタピオカミルクティーの店やスイーツの店は場所にそぐわないと感じたのは私だけでせうか???
私はファストフード的な縁起物を何点か食した後、海鮮や寿司は間違いなく美味なのは分かっていますが恐らく想像の範囲内・・・何か変わった物を・・・と言う事でD東旅行者M氏からの情報提供もあった穴子丼の店に数名で・・・ビックリする程ではないもののそれなりに美味しゅうございましたが、エビスは頂けませんでした・・・???食材と一緒でルービーも鮮度が命・・・と言う事を御理解頂きたいと切に感じた次第です。
その後縁起物を何点か頂きながら土産購入・・・皆さん御存知のトコロテンシステムを発動し空腹感を取り戻し、メンラー&ジャンボ焼売でも頂こうかと思いましたが、システム完了?に少々時間が掛かり過ぎ、出発時間を遅延すると駐車料金が一気に跳ね上がると言う事で、自重しバスに戻りました・・・
バスは追加料金をギリギリの処で回避し、いざ豊洲市場へ・・・行く訳もなく帰路に・・・
久々の築地の印象としては、昔ながらの店舗と観光客相手中心の店舗が混在した食のテーマパークの様相・・・んが、建物の老朽化は否めず、市場移転は必然だったかなと・・・消防法的に問題ないのかと思う反面、独自のカオス状況にノスタルジーを感じた次第です。
消火設備等も何気にチェックしましたが、万一火が出た折には、菓子屋横丁の比ではない甚大な被害が容易に予想出来、奥まった店、狭い建物内の通路内、2階にある店舗等利用の際には、事前に避難経路をしっかりと頭に入れておく事が寛容かと思った次第です。
また築地には忘れられない思い出があります。それは嘗て場内の食堂で食したミックスフライ・・・あの美味さは衝撃的でした・・・素材がいいのは間違いありませんが、調理法にもプロの技がおてんこ盛りだったのではないかと・・・私がこれまでに食したフライ物の中で3本の指処か足まで入る鬼怒川の・・・???否、もとい、3本の指に入る・・・ではなく間違いなくナンバーワンです。
因みに川越の市場が出来たばかりの頃にあった食堂のミックスフライも中々の美味でしたが、築地の比ではありませんでした・・・あの店が築地からの移転と共に豊洲市場内にあるのか否かは存じておりませんが、もう1度食したいと、今回の旅行で思い出しましたとさ・・・
その後帰路はあっと言う間・・・明るい内に川越着・・・下山NKは・・・多分誰かが「行こう!」と強く発すれば案外多数の参加があったのではと思いましたが、たまには早く帰ろうと言う事で解散・・・案の定宍戸錠、奥からは何かあったのかと心配されてしまいましたが、皆さんも築地土産で一家団欒の夕餉の時間が持てたのではと思う処です。

大分時間は経過してしまいましたが、改めまして今回もお招きありがとうございました。
また、幹事の皆さん大変お世話になりました。お骨折り御苦労様でした。
あの時賑わっていた築地も現在は厳しい局面を迎えている様です。私の稼業も何気に大ピンチです。団員の皆さんも職種によって悲喜こもごもかと思われますが、来年度中に安心して研修旅行の企画が立てられる日が来る事を祈念しまして、研修旅行の御報告をフィニートとさせて頂きます。
 

東京だよ、おっかさん!・・・5

 投稿者:流石お強い!いい男!!  投稿日:2020年 3月29日(日)00時17分40秒
  週末操法の練習参加の皆さんお疲れ様でした。
前述した通り、活動については家族も含め、団員全員のコンセンサスを得る事が大切であると考えます。日々情勢は変化しておりますので、その都度確認が必要かと思う処です。
来年度早々の行事も略全て中止、延期、形を変えての開催になる予定です。
其々決定次第、早期の連絡をしなければならないと思っておりますので、よしなに対応の程お願いします。

皆さん耳にタコかと思いますが、手洗い、うがいを侮ってはいけません。是非しっかりと行い、(うがいよりも飲んだ方が効果的かと…)粘膜質の部位に安易に触れない事も大切かと思います。また感染予防には免疫力を強化する事・・・しっかり栄養を摂り、しっかりと睡眠を摂り、日光を浴び、適度な運動をする・・・
ウイルスに負けない体造りを心掛ける事で、団員から感染者が出ない事を切に祈念する次第です。
免疫力強化と言えば、笑う事も大切・・・私の駄文が免疫力強化に繋がるかと言われれば?ですが、笑えるポイントを探して、ネタにして貰えれば幸いです。

と言う事で築地の話を・・・と思いましたが、しっかりとした睡眠を心掛けると言う事で、洗濯機も呼んでる事ですので、これより少々の家事をこなして床に就きたいと思います。
お後がよろしい様で・・・ってお後も多分私ですが・・・
 

東京だよ、おっかさん!・・・4

 投稿者:流石お強い!いい男!!  投稿日:2020年 3月26日(木)23時20分4秒
編集済
  先行き不透明な状況がいつまで続くのか・・・
団から(支部から)近日中に指針の提示をする事になろうかと思いますが、
活動については団員全員のコンセンサスを確認しながら、適切な対応をして貰えればと思う次第です。
NKのネタ・・・等と駄文を記しておりますが、NKの開催も自粛せざるを得ない状況・・・
少しでも明るい気持ちに繋げて頂ければ・・・???と言う事で、息抜きの材料にでもして貰いたく御報告の続き・・・

都内に宿泊するのは何度目か記憶が定かではありませんが、誰もいない早朝の浅草寺に何度か訪れていますが、多くの人で賑わう昼間とは全く異なるいい風情で、お薦めです。
やはり神社仏閣寺院は、静寂の中でこそ所謂パワーを感じられるのかなと・・・
と言う事で、今回も早朝参拝を試みて4時半起床・・・んが、生憎の雨・・・ホテル目前に全容が見えていたスカイツリーも半分は靄の中に・・・
仕方がないのでアルプスまで人造人間の見学に???
眼球の動きが少々人間離れしていましたが、精巧に作られた人造人間の動きに・・・???
特に音声が・・・???何のこっちゃ???
そんな(どんな?)早朝散歩を終えた後は朝食タイム・・・客室数の割には朝食会場のキャパは狭く整理券が配布され順番に・・・
早起きは三文の徳?と言う事で、Bネゴシエーター幹事長、ジャア幹事と共に殆ど待つ事無く会場に・・・有りがちの9分割されたトレーに好きな食材を取るビュッフェ形式・・・んが、ジャア幹事はその9分割を全く無視して色々な食材をてんこ盛りに・・・ビジュアル的には食事ではなく完全に餌・・・???ホンマかいな・・・!と言う事で、三分団で生まれた造語に「新宿チョイス」なんて言葉がありますが、この盛り方を「ホンマ盛り」と名付けたいと思います???
その後前夜のボディーブローから回復しない若干名の集合時間遅延がありましたが、2日目の研修スタート・・・
んが、出発時、ホテル目前に見えてた筈のスカイツリーは完全に消えていて否な予感・・・
スカイツリーに向かっている筈ですが、行けども行けども視界真っ白・・・到着直前に足元の諸々がやっと見えましたが・・・
展望台に着いたエレベーターのドアが開いた瞬間見えた物は、全てのガラスが白く塗りつぶされていて・・・と勘違いするかの様な360度の白パノラマの世界???
追加料金を払って更に上に・・・行く訳もなく・・・只々白い壁?を見学しつつ、避難ルートや防災の仕組みや資器材を見学し、早々にソラマチに移動・・・
皆時間を持て余した感は否めず、予定時刻よりも早く出発・・・向かうは築地場外市場・・・

やはり世の中の情勢を鑑みると今一気分がノリません・・・続きはまた・・・
 

東京だよ、おっかさん!・・・3

 投稿者:流石お強い!いい男!!  投稿日:2020年 3月24日(火)22時30分34秒
編集済
  遂に東京五輪の事実上の延期が決定しました。
操法の県大会は・・・???
色々とジャラジャラとモヤモヤと多々ありますが、ストレス解消?の話のネタになれば・・・
と言う事で研修旅行の御報告の続き・・・

飲食が一段落した処で、お座敷遊びスタート・・・
バブルの折、神楽坂で鍛えた扇子投げの技を見せたろか・・・(実は少々練習をしていました・・・)と思っていましたが、「久し振りに若いお客様なので、動きのある遊びを・・・」との展開に・・・若い?誰が?なんて感想を持った人もいたかもしれませんが、浅草でお座敷遊びをする客の殆どが70代、80代の人達だそうで、老舗の若旦那衆は殆ど利用する事がないそうです。歴史と文化の残る街で、先祖代々の稼業を継承してる若旦那衆には、こうした文化を是非守って行って頂きたいと思ったのは私だけでせうか???
お遊びは対戦形式で負けた方が清酒を一気飲みすると言う定番のノリでしたが、例によって勝っても飲む・・・仕舞にはやる前に飲む等々カオス状態に・・・
出来れば初陣の人が流れを(ネタ振り)を作り、全員がそれに乗って行き、最後の人がオチを付けると言う形が作れたら盛り上がりも一層でしたが、それはまた次に機会に・・・って次に機会があるか否か・・・
兎にも角にも貴重な楽しい経験であったと思いますが、皆清酒がボディーブローの様に効いた様で???
帰りしな料理屋の女将さんに聞いた処、5人も芸者衆を呼ぶ宴席は久し振りだったとの事で、川越の様に花柳界が消滅しない事を祈念する次第です。
ここで翌日仕事の人、個人攻撃?の人が離脱して、更に少人数で二次会に・・・たまたま通り掛かった店構えの風情が良かった「笑姫」と言う居酒屋に・・・
案の定宍戸錠(御冥福をお祈りします)愛媛名物のつまみよし、店の雰囲気よし、店員の対応よし、赤星ルービーよしの中々の大当たり・・・
んが、Bネゴシエーター幹事長絶賛のマトン・・・もといラムのオイニーは???
そして皆さんの電池切れも・・・???
と言う事で三次会に行こうと言う雰囲気はなく、1人でペルソナババアの店にでも行くかと思った処、雨が・・・ホテルに傘を取りに戻り・・・とも思いましたが、更に雨脚が強くなり心が折れ、部屋でピスタチオをつまみに缶ルービーで〆て、入浴後、毎度の裸族で就寝・・・

翌日はスカイツリー&築地・・・その前に・・・???つづく・・・
 

東京だよ、おっかさん!・・・2

 投稿者:流石お強い!いい男!!  投稿日:2020年 3月20日(金)23時26分20秒
編集済
  まさかのコロナで年度末の予定も飛び、新年度の予定も大幅に変更が予想され、操法の練習も中々精神的にも物理的にも難しい局面であるかとは思いますが、出来る範囲で出来る準備をして、いい形で新体制のスタートが切れる事を願って止みません。

中々NKの開催も憚れる昨今ですが、NKのネタに研修旅行の御報告の続きを・・・
宴席は三分団的には四半世紀以上振りの所謂お座敷遊び・・・
老舗料理屋に芸者を呼んで・・・所謂温泉芸者と言われる方々を宴席に呼んだ事は多々ありましたが、正式?となると川越最後の芸者と呼ばれたきん子ネエさんを呼んで以来かなと・・・余談ですが、きん子ネエさんは川越最後の芸者と呼ばれていますが、晩年毎回3名セットで来ていたと記憶していますが、あの2名も最後の芸者・・・と言う事になるかと思いますが、1名は確か悦子ネエさん、もう1名の名前が思い出せません・・・覚えてる方いましたら・・・って現役団員で知ってる団員がいる訳もなく、この板を御覧のOBの方・・・話のネタに是非御教示頂ければと思う次第です。
因みに悦子ネエさんは後に所謂芸者町横丁(弁天横丁)で「悦」と言う小料理屋をやっていて、三分団の7~8名で宴席をした事があったと記憶していますが、あれは何の流れだったのか・・・こちらも御記憶のあるOBの方是非御教示頂きたいと思う次第です。
さて、殆どの皆さんが初体験となるお座敷遊び?ですが、仕事の付き合いや接待等で経験はあっても仲間内で楽しむと言う事は中々出来ないかと思います。

念の為・・・たまたまこの板に訪れた団関係者以外の方・・・税金を使ってお座敷遊びたぁ~不謹慎なんて感想をお持ちにならない様お願い致します。研修旅行と言う名の元、公費や税金を使用してる事は全くなく、本来団員が受け取るべき報酬を使用しての・・・実質自腹での旅行であると言う事を一応言及させて頂きます。

もとい、例によってジャア幹事の「じゃあ・・・」との振りで乾杯の音頭を取らせて頂き宴席スタート・・・芸者衆は若手からそれなり?の人を含め5名、一番若い娘が斜前に座ったので、お話を・・・と思いきや70代後半の大おネエさんが私の横に徐にドカッと座り、以後マンマークに合いました・・・何で俺?・・・等とも思いましたが、自然の流れと言えば自然の流れ・・・大体この手の役割は私になるのかなと・・・他の芸者衆達とは余り密に話す事は出来ませんでしたが、お陰様で浅草の今昔、花柳界の諸々の話を沢山聞けて、いい話のネタを仕入れさせて頂きました。浅草にも伝説のゆう子ネエさんと言う方がいて、95を過ぎても現役でお座敷に出ていたそうで、きん子ネエさんの芸の話でも盛り上がりました・・・
んが、途中「温かい物は温かい内に食べてください・・・」と度々突っ込まれましたが「あなたがずっと喋ってるから食えねぇんだよ!」と心の中で軽く毒ずいていましたが、確かこのやり取りはきん子ネエさんともやった事があったかなと・・・案外ベテラン芸者あるあるなのかもしれません・・・

最近自宅PCの調子が今一・・・洗濯機も呼んでる?事ですので続きはまたと言う事で恐縮です。
 

東京だよ、おっかさん!

 投稿者:流石お強い!いい男!!  投稿日:2020年 2月23日(日)23時56分19秒
編集済
  本日家族慰安の食事会に愚息共々お招き頂きありがとうございました。
ノンアルコールの焼き肉はひょっとすると長じてから初めてやも???
午前中愚息とギリギリまで暴れていた為Tシャツ短パンの汗臭い馬鹿親子で失礼致しました。
また、愚息が暴れ足りないと言う事で途中退席し、重ね重ね失礼致しました。

さて、今更ながら今年度の事は今年度の内に・・・
と言う事で今年度の研修旅行の御報告を・・・(って毎度誰に向けて?って話ですが…)
今年度は9月の久方振りの日月での東京観光(研修)・・・
暫く土日が続いてましたが月曜休みの団員も参加出来る様に・・・との事でしたが、月曜休みの筈の方の参加状況は・・・???
参加者が思う他少なく残念ではありましたが、毎度お招き頂きありがとうございました。
実はこの東京での研修旅行は、20年位前に一度私が提案した事がありました。
防災施設も飲食店も、夜の???も最も充実していて、美味い物を食したいのなら、築地に行けば何でも揃っている・・・どうせやる事は同じ・・・費用も安価・・・途中合流、途中離脱もし易い・・・との理由からでしたが、当時は研修旅行と言えば泊りは大部屋で温泉があって座敷での宴席が当たり前田のクラッカー・・・と言う事で即決却下でした。
そう言う意味では当時と状況は変わっていますが、コンセプトは同じと言う事でそれなりに楽しみに参加させて頂きました。
行先は東京と言う事で、ゆっくりな出発、あっと言う間の到着・・・
当日はMGCが開催されていて都内は交通規制がありましたが、初めの見学場所の消防博物館(四谷消防署)に着く時には丁度往路の走行が終わっていて一時的に規制が解除された道をスイスイと・・・やはり皆さんの日頃の行いが・・・は関係なく只の偶然でしたがラッキーでした・・・
消防博物館に三分団で訪れるのは2回目かと思いますが、展示されている消防車両や資器材の数々のインパクトは中々・・・えにしさんが来ていたらきっと・・・ってきっともう何度も訪れている事でしょう・・・多分・・・
研修旅行らしい見学後は中華でランチ・・・それなりに美味しゅうございましたが、御法度のS社製が残念無念でした・・・???
ランチ後は有明の防災基地に・・・操法の全国大会以来の訪問・・・後学の為に有意義な体験が出来たのではと思いますが如何でせう・・・?
そして今宵の宿に・・・宿は浅草・・・浅草寺は目と鼻の先・・・部屋の窓の目の前には東京スカイツリー・・・立地条件は完璧???私は一先ずシャワーを浴びた後に、20代の時に何度か訪れて、その後10年に一度位の割合で飲みに行っている居酒屋と言う名のスナック?がまだあるか確認に・・・ここのママ?20数年前から独特な強烈な化粧で、塗ってると言うよりは掘ってる?と言うインパクト抜群な年齢不詳の女性・・・(多分・・・男の可能性も否定出来ない)店がやってるかと言うよりママが存命かを確認すべく歩くこと十数分・・・店構えは少し綺麗になっていましたが、店は変わらずあり、そして中を覗くと更に進化した?分厚い化粧のママの姿が・・・3次会辺りで付き合ってくれる団員がいたら是非行ってみようと思いつつ、集合時間に間に合う様、ホテルに引き返し・・・
宴席はある意味今回の旅行のハイライトかなと思う処ですが、明日は5時より仕事開始予定・・・少々文章も無駄に長くなりましたので、一先ずこれにて・・・

昨年は3人の独身団員がゴールインし、今年は出産ラッシュ?と言う事で、そのおめでたい勢いを是非操法にも繋げて頂ければと言う事でお後がよろしいようで・・・
 

インスペクション仕切り直し・・・

 投稿者:潮時野郎?  投稿日:2020年 2月21日(金)23時55分51秒
編集済
  PCの調子今一で半端な終わり方になった前回の続きを・・・

田町防災訓練は4班に分かれて行われていましたが、その内の救命講習の班では、毎回女性に胸骨圧迫をして貰い、暫く続けて息が上がった処で「長時間続けるのはどうですか?」と聞き「疲れて無理・・・」との回答から「周りの人と交代しながらやって・・・」てな流れで説明をしていましたが、4班目に来た女性の中で職員が指名したのは、毎年小江戸マラソンで表彰台に上がっている田町が誇るスーパーウーマン・・・胸骨圧迫を続けても息が上がる事無く、職員に「長く続けるのは・・・」と問われても質問の意図が理解出来ず・・・「疲れますよね?」と言われ「まあ・・・???」と答えつつも全く疲れておらず・・・指名する人を間違えたと町内ではちょっとしたネタになっている今日この頃です・・・
なんて話を長々やってると本題の尺が・・・
と言う事で本題・・・

昨年度の行政視察は消大で団長がY副と同期だった伝手を頼り、掛川市に・・・
掛川市消防団は条例定数803名ながら欠員は若干名・・・
団員の入れ替えのサイクルも早く、若者がいなくならないのかと不思議に思う位でしたが、そんな掛川市でも数年前数十名の欠員状態だった時期があったそうです。
その打開策として幾つかの方策を試みて欠員を減らしたとの事でしたが、その方策の内の一つが団員の負担を減らす為に行事を減らした・・・との事。
これは川越に於いても参考にした方がいいと思われる分団が多々あるのかなと・・・
地域との付き合い等に無駄な付き合いと言うものは存在しないとは思いますが、団員数が減っているのに行事の数が減らないのであれば、団員1人1人の負担は増えるばかり・・・
事情を理解してもらい行事を減らして行く事も一考かと・・・
意見交換会と泊りは浜松市内でしたが、掛川の皆さんが態々来て頂き二次会、三次会と仕切って頂きました。三次会では唇がビリビリ痺れる炒飯をゴチになり、いい話のネタが出来ました。
翌日のゴジラ対策本部?の見学も中々こう言う機会でないと詳しく知る事の出来ない貴重な体験だったかと思います。

そして掛川市消防団の皆さんはアンサー視察?と言う事で今年度7月に行政視察で川越にやって来ました。冒頭痺れ炒飯の御礼はしっかりと伝えておきました???
昨年度数名の欠員がいたとの事でしたが、今年度は多くの退団者を出しながらも何と欠員0の満!!兎に角若者には洩れなく根こそぎ全員に声を掛けると言う事で・・・
川越も18歳から29歳までの在住、在勤、在学人口は5万人超(私調べ)もし全員に声を掛ける事が出来たなら100人に1人が入ってくれたとしても条例定数は軽くオーバーする人数が確保出来る訳ですが、どの様にして如何に5万人に理解と協力を求めて行くかが今後の課題かと思われます。
逆を言えば掛川市では友人知人に消防団員、もしくは消防団OBがいない若者は1人もいない程、団が身近な存在であるかと思いますが、川越は5万人の内、消防団の存在自体を知らない若者が殆どなのかなと・・・
消防団の認知度を如何に上げて行くか、様々なアプローチが必要であると思う次第です。

そしてそして今年度の行政視察は広島・・・
往路は贅沢に大宮から東京まで新幹線で・・・
広島の水害は土石流によるものが多大だった印象でしたが、実は内水の被害が甚大だったと言う事で、これは実際に現地に行ってみないと分からなかった事かなと・・・
それにしても暑かった・・・着替えが何枚必要か・・・なんてまるで行ってきたかの様に記述していますが今年度の欠席者5名・・・その内の1名になるとは・・・焼きが回りました・・・来年度も行ける可能性は高い確率で0・・・いよいよ潮時がやって来た様です???

以上大変遅くなりましたが行政視察の報告となります。
 

レンタル掲示板
/40