<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イグニッションコイル修理②(0)
  2. ルイヴィトン ロレックス シャネル ブランド専売店(1)
  3. JAPAN-BAG 商店最新情報 (0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ニトロ スイッチ実配線分解図

 投稿者:ウチダパラモーター商会   投稿日:2020年 2月 1日(土)00時49分56秒
返信・引用 編集済
  ニトロユニットに配置されている実際のスイッチ配線図です。(Facebookにも投稿しています)

メインスイッチの配線で赤と青の線はXT60のコネクターまでに2本の線を束にして一本になっています、
そこにイグニションコイルからくる細い線のキル用と、本体に繋がっているアース線ももう1本の線に繋がっています。

メインスイッチの配線は全部マイナスになっていて、マイナス同志を繋いだり切ったりして、エンジンをかけたり停めたりしています。
 1枚目の写真

 2枚目の写真は一本になっている部分を拡大したものです。

このコイルの線を黒色につないだ場合、キルスイッチでエンジンは止まりますが、メインスイッチでエンジンは止まらなくなります。

 3枚目の写真はニトロのマニアルにある配線図です。

不具合の参考にして下さい。

 

F1キャノピー試乗

 投稿者:ウチダパラモーター商会   投稿日:2020年 1月20日(月)10時09分36秒
返信・引用 編集済
 

 ラ・ムエッテ社APCO の F1キャノピー(22㎡)です。

 内陸のエリアで林や家屋の影響でエリア内の風が回る乱気流の中でのTO 、潰れたキャノピーの回復力、左右に振られるキャノピーがある中で全く振られない安定した速度も出せるフライトのほか、一番重要なLDでフレアーもよく効き安定した素直なランディングも見せてくれました。

 パイロットの技術もありますがその技術を一層引き立ててくれるキャノピーです。


 

ブラックデビルテストフライト

 投稿者:ウチダパラモーター商会   投稿日:2019年12月30日(月)12時55分54秒
返信・引用 編集済
  ブラックデビルエンジン フライト

 ブラックデビルエンジンM25(172cc)セル付+リポバッテリー14.8V × 2
    ユニット フライプロダクツ コンプレス ダブルゲージ(青色) エンジンも1発でかかり
    113cmプロペラ付き(リダクション比 1:2.6 )プロペラは122cmまで装着できます。
    推力72kg(プロペラによります)ユニットは約25㎏です、ゲージに一か所プロペラ接触痕が
    あります。








 
 

Re: ニトロ フレーム バランス

 投稿者:ウチダパラモーター商会   投稿日:2019年12月10日(火)11時15分14秒
返信・引用
  > No.858[元記事へ]

宇田川さんへのお返事です。

> ニトロ200のS型ディスタンスバー吊り位置を後過ぎるので、前方に移動したいのですが、そうすると、エンジン部が下方に向いてしまいます、何か良い方法がありましたら、教えて下さい。
> 尚 体重は、62kgです。

フレームはアルミフレームかマルチチタンフレームかによってもS型バーの長さが変わってきます。
 腰吊りの場合(アルミフレーム等の赤色の純正バーの場合でも)バー可動のボルト基点部分からスリング移動止めのパイプクリップまで、

   基点から両方30cmの間隔を起点として1cmずつ前後に調整してください。

吊り下げた時体の垂線に対し1゜5分後方にお辞儀するのがベストのようですが、乗る方によって全部違いますので基準から自分で少しずつ調整する必要があります。
又エンジンを吹かすとプロペラがユニットを上から押さえてきますので、体が立ってきて上昇率が悪くなります。
高高度を飛ぶ方と低空を飛ぶ方では吊り位置が変わってきます。

S型サイドバーの大小(長さ)によって傾きが変わってきます、ニトロ純正のバーは体の大きな方用に作られていますので純正の場合、皆さんその様な悩みをもっているようです。

私はマルチチタンフレームに替えS型バーも短くなりましたので、30cmを基準にし反動トルク防止で
右手方を32cm、左手方を28cmにスリング位置を変えています。

この調整位置は高速フライト中は真っすぐで、中速以下では左に少し曲がりますのでトリムで調整しています。

宇田川様の場合でもS型バーを短いのに交換するか、スリング止めクリップを頂点からもっと手前にしないと修正できないと思います。
 

ニトロ フレーム バランス

 投稿者:宇田川メール  投稿日:2019年12月 9日(月)17時36分29秒
返信・引用
  ニトロ200のS型ディスタンスバー吊り位置を後過ぎるので、前方に移動したいのですが、そうすると、エンジン部が下方に向いてしまいます、何か良い方法がありましたら、教えて下さい。
尚 体重は、62kgです。
 

モスターチャンバー修理

 投稿者:ウチダパラモーター商会   投稿日:2019年12月 5日(木)10時24分3秒
返信・引用 編集済
  モスターチャンバー曲がり部分両面、及び補強カバーの割れを修理しました。

モスターチャンバーはクラッシックの時からサイレントに変わっても、シリンダー排気口から離さず直接スプリングでチャンバーを止めているため、排気圧力でターボ効果や脈動効果が起き、バネによる反射細動でチャンバー曲がりの部分に微振動が集中し亀裂が起きる結果となっています。

その反射細動効果は口元で起き、後方に行くほど弱くなるので前部しか割れが起きません。

この同じような傾斜エンジンのブラックデビルやC-MAX等は、チャンバー口元の方式が違いますのでチャンバー割れは起きていません。

 モスターに乗られている方はTO後エンジンハイ回転を続けないことが、チャンバー割れを防ぐ方法だと思います。

 

チタンフレーム修理

 投稿者:ウチダパラモーター商会   投稿日:2019年12月 5日(木)09時51分25秒
返信・引用 編集済
  先日フォローでLDしてしまいチタンフレームサイドの補強板のつなぎ目にヒビを入れてしまいました。

強烈な接地衝撃がありましたのにメインフレームパイプも曲がらず補強板のヒビ割れだけで済みました。
やはりチタンは強いのを実感しました、早速修理しました。
 

スパークプラグの火花

 投稿者:ウチダパラモーター商会   投稿日:2019年12月 1日(日)00時46分9秒
返信・引用 編集済
  プラグの火花はピストンが上死点手前概ね80%にきたときに火花が出るようになっているとのことです。(あくまでもマグネットホィール等からの覚知や伝聞です)

プラグはイグニッションコイルからの電流をプラグキャップからプラグ端子で受け、中心電極に流れます。

本体アースから流れるマイナス電流を接地電極(L字)に流しスパークさせます、因みに火花がでる隙間は、普通のプラグで「0.8mm」となっています、これ以上隙間の狭いプラグは特殊で一般には販売していないようです。(因みに ニトロ マニュアルでは電極間隔は0.4mm となっています

間隔が1mmのは販売されていますが、そのプラグには品番の後ろにBR○○○ー1と記載されています。

 熱価については(取付プラグは使用のエンジンマニアルが基準)
  プラグの熱価が高い・・・プラグの放熱量が大きい=プラグがよく冷える「冷え型」
    パラの場合番体(数字)が大きくなる 9番~10番

  プラグの熱価が低い・・・プラグの放熱量が小さい=プラグが熱くなる「焼け型」
    パラの場合番体(数字)が小さくなる 8番~7番

ファイル2番は
 電極が開いている方のみ爆発し排気方向に爆発熱がいっています、アルミが溶け出す温度は700゜と言われていますので一方向だけ高熱になるのは焼付きの原因になると思われます。
ファイル3番は
 電極が開いている方は同じプラグでも品番記号を同じ方向にしても全部違います。参考にしてください。
 ( エンジン最高回転は ニトロ200・280 とも7500回転です)


http://

 

モスターチャンバーの修理

 投稿者:ウチダパラモーター商会   投稿日:2019年11月30日(土)22時00分20秒
返信・引用 編集済
  モスターのチャンバーはクラッシックもサイレントも形状は変わりましたが、チャンバー割れは無くなりません。
 シリンダー排気口とチャンバー取付の部分に問題があり、ハイパワーエンジンに
 チャンバースプリングのみで、シリンダーに固定していることに原因がありそうです。

サイレントになってから曲がり部分内側に補強カバーが付く様になりましたが、チャンバー割れは本体やカバーにも出るようになり、修理も高額になってきています。

割れ全部を溶接した後水圧検査で細かい穴も見つけすべて溶接し、補強カバーも溶接し耐熱塗装をして修理完了となります。

 

キャブレターの構造

 投稿者:ウチダパラモーター商会   投稿日:2019年11月25日(月)11時07分59秒
返信・引用 編集済
  先に掲載しましたダイヤフラムの内容など、Walboroキャブのガソリンの流れなど構造を知るとより理解がしやすくなると思いますので。

 私が参考にさせて頂いている
    Powered by FC2ホームページ 「 Walboroキャブの構造を知ろう 」
    http://okkart.web.fc2.com/tecinfo/wal_barasi/walbo01.html

見て頂くと、ガソリンの流れもよくわかりキャブ内の品目説明もされていますのでよくわかると思います。
 パラモーターで使われているワルボロキャブレターにはWB37、WB32、WG8、 が殆どでたまにWB27を使っている方がいます、それぞれにちょっとした違いがありますがガソリンの流れはほとんど同じです。

追加
キャブの種類
 ニトロやミニ2 等はWB37キャブ(ダイヤフラムの凹みにメタリングレバー差込タイプ)
 モスターはWB32キャブ、トップ80はWG8キャブ(ダイヤフラムに凹みなくメタリングレバーに
 上乗せ)を使っています。

ニードル開度(いっぱい閉めてからの戻す位置)
 WB37キャブは
   ローニードル(L) ニトロ…1回転(マニアルでは60分) ミニ2…80~90分
   ハイニードル(H) ニトロ…1回転(マニアルでは60分) ミニ2…80~90分
         (H)ニトロ280…(マニアルでは60~70分)
 WB32キャブは
   ローニードル(L) モスター…1/4~1/3(15分~20分)マニアルによる
   ハイニードル(H) モスター… 1+1/8 ~ 1+1/4 (68分~75分)マニアルによる
 WG8キャブは
   ローニードルのみで円錐形のついているニードルはアクセル用のアジャスターです。

http://

 

/69