投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. イグニッションコイル修理②(0)
  2. ルイヴィトン ロレックス シャネル ブランド専売店(1)
  3. JAPAN-BAG 商店最新情報 (0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ガード修理

 投稿者:UPM商会  投稿日:2017年10月19日(木)10時40分55秒
返信・引用 編集済
  E様 ガード修理現在損傷部分の生地完成し、昨日の午前中晴れ間で下塗りまでできましたが昼からの雨で塗装ができない状況となっています。
 当方塗装は車庫外でやっていますので申し訳ありませんがもう少しお待ちください。
損傷部分のパイプつなぎは中にアルミ棒を入れて溶接していますので、接続部分のアルミ肉厚は増していますがアルマイト処理はしていませんので、既成のパイプよりは柔らかいですがその分割れたり折れたりはしません。(打突程度にもよりますが)
 

プロペラバランスとフライトテスト

 投稿者:UPM商会  投稿日:2017年10月16日(月)02時35分4秒
返信・引用 編集済
   ニトロ200でラ・ムエッティ社の細身木ペラ(-2N60L125cm)でフライトテストをしてみました。
200ccクラスのユニットは今まで幅広の重いプロペラを使い細身のプロペラは80~130ccクラスに使っていました、ニトロ200の純正ペラはE-カーボンペラで細身の軽いプロペラを使っていましたのでエンジンに負担がかからず、エンジン音も静かで80ccクラスと変わらない排気音でした。
 -2N60L125cmの木ペラのテストにあたりプロペラバランスを測定した結果、動画の通り左右・前後のバランスは錘を入れる必要もなく完璧でした。

 E-ペラとの違いは中心ピッチ角がE-ペラ=14° 木ペラ=13°
       重量 E-ペラ=620g 木ペラ=735g
 ニトロリダクション比1:26.5 最高回転 7800rpm
       最高回転 E-ペラ=7200rpm 木ペラ=7800rpm

 木ペラのテスト結果は推力も申し分なく、巡航速度でのエンジン音もE-ペラと変わらず静かででした、
細身の分エンジンパワーの遠心力によるブレードへの負荷が心配でしたが全く問題のない状態でした、プロペラ値段も安くカーボンに代わるプロペラとして期待出来そうです。


 

デイスタンスバーの件

 投稿者:内田 友久  投稿日:2017年10月11日(水)16時49分19秒
返信・引用
  早速、アドバイス頂きありがとうございます。おっしゃる通りハーネスに腰掛けるときデイスタンスバーに肘を掛けて曲がったり、ユニットの安定性が悪く風に吹かれ倒れ、デスタンスバーが数回曲がり、その都度手曲げで修復しているので何時折れるのか心配です。御提案頂いた①②③を検討してメールさせて頂きます。ありがとうございました。  

Re: ディスタンスバーの件

 投稿者:UPM商会  投稿日:2017年10月 9日(月)18時32分57秒
返信・引用 編集済
  > No.666[元記事へ]

内田 友久さんへのお返事です。

 問い合わせ有難うございます、現在各ユニットのディスタンスバーはフレームへの差込口バー受けの部分で曲がります。
 ディスタンスバーに肘をかけて体重が乗ってしまったりするとこの部分が支点となり曲がってしまうことがあります、なるべく曲がらないようなディスタンスバーにするには3点の方法があります。
  ① アルミパイプ20mmφ×1.5mm厚の場合(既製品は殆どこのパイプ)
     パイプ内に補助パイプを入れて補強する。
    損傷している現パイプに補助パイプを入れ補助パイプとも溶接し厚さを増した修理をする。
  ② 20mmφ×2mm厚のアルミパイプで製作する。
  ③ 16mmφステンレスパイプで製作する。(当方販売のディスタンスバーです)
 ディスタンスバーは経験上16mmφステンレスが一番強度がありますが、アルミに比べるとやはり少し重いです。

 曲がった部分を伸ばそうとすると折れたり割れたりします、割れやヒビがなく曲がっただけであればディスタンスバーはフライトに支障なく十分使えます。
 曲りが気になるようでしたら①で原型復旧の修理ができますので送ってください、1本2500円ほどで修理でき天候(塗装)にもよりますが2日で返送できます。
  参考にしてください。
 

Re: TOP80について

 投稿者:ogメール  投稿日:2017年10月 8日(日)18時00分55秒
返信・引用
  > No.665[元記事へ]

UPM商会さんへのお返事です。

> ogさんへのお返事です.
>
> 当方の都合で返事遅くなりました。
>  トップ80のエンジンはクランクケースに排圧の穴が開いていませんが、排圧は取れるようになっています。トップ80のWG8のキャブはキャブ自体の内側に2mm位の穴が開いていてクランクケースからの負圧がかかるようになっています。
>  写真はWG8のキャブレターです。
>   この穴から排圧がかかり、燃料の送りを助けています。

UPM商会 内田さん
大変ご丁寧な解説ありがとうございます。参考にさせていただきます。
 

ディスタンスバーの件

 投稿者:内田 友久  投稿日:2017年10月 8日(日)09時46分0秒
返信・引用
  お早うございます。以前に須ヶ瀬エリア遠征時にお世話になりましたPPG湘南平塚所属の内田です。フライプロダクトTOP80のディスタンスバーが直ぐに曲がって困っています。補強して曲がりにくいものに変えたいので是非ご協力をお願いします。  

Re: TOP80について

 投稿者:UPM商会  投稿日:2017年10月 6日(金)02時33分25秒
返信・引用 編集済
  ogさんへのお返事です.

当方の都合で返事遅くなりました。
 トップ80のエンジンはクランクケースに排圧の穴が開いていませんが、排圧は取れるようになっています。トップ80のWG8のキャブはキャブ自体の内側に2mm位の穴が開いていてクランクケースからの負圧がかかるようになっています。
 写真はWG8のキャブレターです。
  この穴から排圧がかかり、燃料の送りを助けています。
 

TOP80について

 投稿者:ogメール  投稿日:2017年 9月30日(土)23時45分18秒
返信・引用
  TOP80には排圧ホ-スが見当たりませんが、排圧はどのように処理されているのでしょうか。
御存じでしたらお手数ですが教えてください。
 

L型ディスタンスバーの受注製作

 投稿者:UPM商会  投稿日:2017年 9月29日(金)11時08分5秒
返信・引用 編集済
  フライプロダクツ関連のディスタンスバーはすでに製作販売していますが、今回アルミパイプでの制作受注します。
 L型アルミバーの基本内容
   20mmΦ×1.5mm厚アルミパイプ使用、前部10R・後部ストレート
   フレーム差し込み部分には16mmΦ×1.5mm厚×12cmストレートパイプで補強
   L型部の垂直立ち上げ部分は15cmの余裕を持っていますので、ユーザーでカット
    (受注時にカット穴開けもできます)
   受注製作販売金額は
     1セット 6000円
補強パイプを入れることによりフレームの差込口の角でディスタンスバーが曲がりにくくなります。

 L型ステンレスバー(16mmΦ)もフレーム差し込み部分をアルミパイプ加工で製作できます。
     1セット 8000円

で受注製作しますのでTELまたはEメールで連絡ください。

http://

 

彦根城に行ってきました

 投稿者:UPM商会  投稿日:2017年 9月29日(金)00時00分5秒
返信・引用 編集済
  先日滋賀県長浜市のサイカチエリア(中井会長)でフライとさせていただきました。
 高度600mから彦根城を俯瞰し夕方には琵琶湖の湖上に落ちるサンセットを体験してきました。
 上空から太陽と湖面の光が繋がる瞬間までフライトできませんでしたが、この琵琶湖でしか見られない光景が見えたのは感激でした。
サイカチエリアの皆様有難うございました。

 

/62